カルマの重い人は、カルマをたくさん欲しかった

カルマを浄化することは、この世での目的のひとつです。

カルマ浄化は大変なので、カルマを受けると魂が磨かれて進歩することもできます。

カルマが重い理由

何でも人にやってもらいたい霊は、カルマに進歩させてもらいたくて、カルマを欲しがります。

霊界でも努力すれば進歩成長できるのですが、自力で進むことがこの世よりもはるかに大変なので、この世で無理矢理進歩をさせてもらおうと思っています。

それでカルマの重い人生に転生したのが、カルマの重い人です。

生まれてみたらそんなことは忘れてしまって、自分で選んだカルマの重さを嘆いています。

というのも霊界には苦しみがないので苦しみを想像することができず、加減が難しかったのです。

慎重さが足りなかったり人任せで考えが甘かったりしたのがカルマが重すぎた原因ですから、今生ではよく考えて自分の人生に責任を持ち、ていねいに生きるようになるのがカルマの重い人のカルマ浄化以前の課題だと言えると思います。

慎重さが足りなかったり人任せで考えが甘かったりして加減が上手にできないということ自体、カルマがその程度は重いということなんでしょうけどね・・・。

もちろん本当にカルマがとても重くて、加減の問題などではないという人もたくさんいると思います。

画像は、公園で咲いていた日本水仙です。