2020-04

霊界の構造とオーラ

苦しんでいる人の霊的な原因

前回の記事では、恐怖、怒り、悲しみを持っている人が苦しんでいる人だと書きました。恐怖、怒り、悲しみは苦しみの精神的な原因ですが、苦しみの霊的な原因は何なのかということについて話してみたいと思います。
霊界の構造とオーラ

苦しんでいる人と苦しんでいない人との違い

前回の記事では、地獄に行ったから苦しいのではなくて、苦しみを持っている人だから地獄に共感して地獄に行くと書きました。それではその苦しみとはどういうものでしょうね。
霊界の構造とオーラ

天国へ行く人と地獄へ行く人の割合

前回の記事で、グリーン以上のオーラの波動が天国で、黄色以下だと地獄と書きました。この世でグリーン以上の波動の人は2割程度ですから、8割の人が地獄行きになってしまいますが、実際はそうではないはずです。

志村けんさんの現在の状態について

亡くなってからしばらくは中有(ちゅうう)界というところにいて、どんどん「素(す)」になりながら50日間位はこの世と行ったり来たりしています。

志村さんが、低級霊にすり替わられた

志村さんとは、ちょこっと話してしまいます。ひと言聞こえたり、ひと言答えたり。夕ご飯の後、足りなくておせんべいを食べていたらいくらでも食べたくなるので、もしかして志村さんがかかってるのかなと思いました。

志村さんから、ぽつりぽつりと聞こえてくる言葉

志村さんは時々近くにやって来て「気が滅入るわ」と言っています。これじゃあもう半分話してるみたいですが、供養の中でしか話さないようにしたいと思います。

霊と話せることがバレて、志村さんは沈黙

前回の記事でヨシトモたちと話してから、志村さんはどうなったかなと思ったら沈黙していました。はじめ、会話だとは思ってないような気がしましたが、だんだんと話しているとわかったみたいでした。

霊界の友人ヨシトモ、トモナガと久しぶりに話しました

ヨシトモはとても明るいところなんだが、俺がいるのは少し明るいところ位と言えそうなんだ。
親離れと自立

親よりも夫を選ぶ大河ドラマの帰蝶は、親離れできて自立した心の持ち主

今年の大河ドラマは楽しく見ています。今回は、帰蝶(きちょう。濃姫)が、父の斎藤道三に初めて会うことになった夫の織田信長を助けるという話でした。

志村けんさん、死後の眠りから目覚めた後の様子

志村けんさんが亡くなられてから2週間になりました。亡くなって4日後には、死後の眠りから目覚めた様子が感じられました。その後の様子は、こんな感じです。
カルマ

カルマや時間は、あるのかないのか

しのぶさんたちは、人類がカルマを浄化して進歩すると困るので、カルマはないと言います。時間もないとよく言われますね。カルマや時間は、本当はあるのでしょうか、ないのでしょうか。

日本列島は龍体だと言うけれど

小型宇宙船は猛スピードで地球へ近づいていく。やがて、地球が青く見え、雲の様子が確認でき、陸と海がはっきりしてくると、○○○○のような陸地が見えて来た。

明治天皇は、死後霊界で18年以上眠っていた

波動の高低によって目覚めまでの時間が変わるようで、普通のいい人の場合は数日じゃないでしょうか。

志村けんさんが、死後の眠りから目覚めた

4月2日の夜11時ごろ、急に志村けんさんの元気な様子がわかりました。コロナウィルスで突然に亡くなられて驚き、インターネットで調べたり追悼番組を見たりしていたので、波動が合っていたのだと思います。
陰謀・闇の組織

中国は、アメリカ軍がコロナウィルスを持ってきた可能性を主張

アメリカでは中国政府に対する集団訴訟の話が進んでいるけれど、中国はアメリカ軍がコロナウィルスを持ってきた可能性があると言いました。
陰謀・闇の組織

パンデミックはお芝居?イタリアとニューヨークだという、コロナウィルス病室の同じ写真

デーヴィッド・アイクさんがブログで公開している、コロナウィルスについての最新情報です。WeblioでURLを入れるとサイト翻訳してくれますから、変な日本語ですが何となく読めます。
タイトルとURLをコピーしました