「国の借金1114兆円」の嘘と誘導と洗脳

この記事は約3分で読めます。
いつもお読みいただき、ありがとうございます
本日も応援クリックをよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

精神世界ランキング
ありがとう!!ありがとう!!ありがとう~!!


テレビで国の借金が1114兆円になったと言っていると、不安な気持になりますよね。

だから緊縮政策を進めないといけないと言われると、そうだなあと思いますよね。

ところが、それは大間違いで国民への洗脳だったみたいです。

国債を発行すると国民の預金が増える

経済評論家の三橋貴明さんなどが説明されている現代金融理論(MMT)によると、円建て国債を発行すると国民の預金が増え、国は国債の返済をする必要はありません。

だから緊縮政策など必要がなく、財政破綻も起こりません。

その内容を元参議院議員の山本太郎さんとの対談で説明している動画がこれです。

緊縮政策が必要だと言うのは、消費税を増税したいからということです。

国の借金1100兆円の大嘘|山本太郎×三橋貴明【総集編】

国の借金1100兆円の大嘘|山本太郎×三橋貴明【総集編】

 

日銀も国会でその通りだと証言しました。

「国債発行残高が増えると、国民の預金が増える。日銀も国会でそう証言している。」という動画です。

国債発行で、国民の預金が増える理由【三橋貴明のMMT「超」入門】

 

こちらの動画では、日本の資産は十分なのだから借金など問題ではないという説明をしています。

財務省やマスコミがこのことを隠して借金だけを強調するのは、危機感を演出して誘導し、消費税を上げたいからで、天下り先を確保するためと言っています。

「日本の借金が多くてヤバい」は大嘘!【政府やマスコミが仕掛ける、思考停止の罠に注意】国の借金1100兆円とバランスシート

 

消費税を上げて天下り先を増やすことについて、説明しているページがありました。

天下りポストを増やしたい?財務省が増税路線を進める「根本理由」 - ライブドアニュース
消費増税による消費マインドのさらなる低下が懸念されている。国際エコノミストの今井澂氏は「増税が日本経済へのダメージを与えても、財務省は手を緩めず、今後も新・増税で国民の負担を増やすはず。とりやすい人か

財務省は、とりやすいところから容赦なく税金をとろうとします。

走行税もそうですし、最近でこそ耳にしなくなりましたが死亡消費税なんていうのもそうです。財務省は、御用学者や御用評論家を使ってテレビで新しい税金の話を広め、国民に対して増税を受け入れさせる地ならしをします。そうやって国民を「日本は借金漬けなのだから仕方がない」と洗脳するわけです。

なぜ財務省が不断に増税しようとするのかといえば、増税すればその分天下り先が増えるからです。

財務省にとって、なかでも美味しい税金は消費税です。というのは、消費税には例外措置をたくさんつけることができます。軽減税率だ、ポイント還元だなんだと、いろいろな条件をつけることができます。今回にしてもレジスター1台当たり20万円の補助金を出すことになっていますが、そのためにつくられる協会の理事長ポストや専務理事ポストは財務省の新たな指定席になるはずです。

 

テレビで言っていることは油断も隙もありませんから、よくよく注意していないといけません。

何かちょっとひっかかるな、わからないなと思ったら、インターネットで調べる方が良さそうです。

 

尚、先日から注目している黒川あつひこさんは、今は人類史上ない異常事態なので何が起こるかわからないとして、MMTの理論はその通りですが現実にどんどん進めることには慎重意見です。

 

画像は、公園で咲いていたバラです。

 



お読みいただきまして、ありがとうございます!
下のバナーの応援クリックをどうぞよろしく!
クリックしていただくと、大切なことを多くの人に知ってもらえます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

精神世界ランキング



ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

93人の購読者に加わりましょう

政治 ニュース
シェアする
紫野をフォローする
スピリチュアル教室
タイトルとURLをコピーしました