2019-12-08

亡き作曲家との会話・7、確認の供養

1日何度も彼の曲で涙ぐみ、喪失感でつらくなりました。こんなことになるなら、やっぱりちゃんと供養をしていれば良かったと思いました。
タイトルとURLをコピーしました