会話

ホメオパシー

犬の口癖「仕方がないんだ」

何か困ったことがあってあきらめないといけない時はいつも「仕方がないんだ」と言って、あっさりやめます。

志村けんさんの供養と会話

志村けんさんの供養をして、死後50日を経過してからどんな様子かを見てみました。成仏できているかどうかの確認が一番の目的でした。
霊感

動物病院で、犬のナッツが話しかけてきました

ナッツの血液検査で異常があったので、再検査に行って来ました。ナッツは、病院に入って座って待ち始めたらすぐにブルブル震えていました。

霊と話せることがバレて、志村さんは沈黙

前回の記事でヨシトモたちと話してから、志村さんはどうなったかなと思ったら沈黙していました。はじめ、会話だとは思ってないような気がしましたが、だんだんと話しているとわかったみたいでした。

霊界の友人ヨシトモ、トモナガと久しぶりに話しました

ヨシトモはとても明るいところなんだが、俺がいるのは少し明るいところ位と言えそうなんだ。

亡き音楽家の供養と会話・9、もうこのような性格でいたくない

チャイルドが傷ついたままだと、いつも傷ついた人として反応してしまいますが、これからはその傷を持たない人として反応することになります。

亡き音楽家の供養と会話・8、他からの評価が大切だという思い込み

子供のころには、自分で自分を愛するお手本が必要なのですが、そのお手本を両親ができなかったら、自分を愛する方法がわからなくなるのです。

亡き音楽家の供養と会話・7、本来の場所を見失っている人だけがいる場所

その場所にいると、本来の場所にいる本来の霊の家族や、先に霊界に行った人たちからも見えない場所で、今、親しい霊界の人たちからすると行方不明になっているんです。

亡き音楽家の供養と会話・6、「私は自由に生きないといけない」

「私を呼んでいる人がいました。なぜだろう。なぜこの人といる時にでないと、こういうことが起こらないのだろうと思うのです。」

亡き音楽家の供養と会話・5、霊のインナーチャイルドワーク

「私の親が私を愛する姿が目に浮かんで、私は何か癒しを受けたかもしれない気がします」

亡き音楽家の供養と会話・4、「あの人たちの愛が本物かどうかが知りたい」

「私のことを愛していると言っていた人々は、どうなったかと思います。」

亡き音楽家の供養と会話・3、自分が世界を作っている

「私がこの世界を作っているのでしたら、なぜこのようなのかと思います。」

亡き音楽家の供養と会話・2、供養後の様子

彼は私を気に入ってくれたみたいで、供養の翌日から親しげな感じでした。霊と話しているのは楽しいです。

亡き音楽家の供養と会話

「私を思ってくれていたのはとてもうれしく思いました。あなたが私をどれほど心配したかが伝わってきていました。」

亡き作曲家との会話・7、確認の供養

1日何度も彼の曲で涙ぐみ、喪失感でつらくなりました。こんなことになるなら、やっぱりちゃんと供養をしていれば良かったと思いました。

亡き作曲家との会話・6、成仏の日

夜寝るまで彼と今までと同じように話していましたが、朝起きて、彼の曲を思い出していたら、今までと違う感じがしました。

亡き作曲家との会話・5、霊のインナーチャイルドワーク2回目

亡き作曲家とのやり取りは、毎日続いています。作曲家の彼は、2回目のセラピーで、20才位のインナーチャイルドを説得しました。

亡き作曲家との会話・4、霊のインナーチャイルドワーク

作曲家の彼とは、インナーチャイルドセラピーをしました。お母さんとの関係が出てきて、ワークをしてもらうと、すんなり癒されてくれました。

亡き作曲家との会話・3

作曲家の彼が歌に関してはノーコメントの理由は、これかなと思いました。「もしかして、私が原語で歌わないから?」

亡き作曲家との会話・2

可哀想になって、やっぱりいつも供養の時に霊たちにやっているようにカウンセリングをはじめました。

亡き作曲家との会話

最近新しくいいなあと思って何度もくり返し聴いている曲があり、作曲者の名前を検索して顔写真が出てくると同時に、本人が来たのがわかりました。

「いつでも誰でもみんな本当のことしか思わないししない」「死ぬのが楽しみ」霊の友人と久しぶりに会話

思ったら会うんだぞ。楽しいだろうと思うんじゃないのか。あっと言う間に会えたら、すぐに楽しくなるんだ。それがとてもいいところということなんだぞ。嫌なところだと思う方がおかしいんだ。

守護霊団に寝かしつけてもらっています

霊と話しながら生活するようになると、睡眠の手伝いをしてくれるようになりました。霊は人の脳波を一気に下げることができるようで、突然、すうっと眠れるようになりました。
霊感

宇宙人とテレパシーで話しました

宇宙人とつながるのは、新しい友達ができるということだと伝わってきました。だからあまり大きく考えないで、軽く考えるといいと言いたかったようです。
先祖供養

胎児の意志で、中絶を実現してしまう 水子霊との供養での会話4

妊娠中絶がどういうことかと言えば、私が望んだからだと思います。
先祖供養

人を非難する時に心の奥から幸せですか? 水子霊との供養での会話3

非難するようになったのは、きっと何かの苦しみがあって、どうしたら幸せに考えられるかがわからなくて非難しているのです。
先祖供養

霊界では、同じ波動の人しか一緒にいることができません。 水子霊との供養での会話2

それでは私の心がこのようであるが為に、人がいつまでもこのようであると言いたいのですか。
先祖供養

水子霊との会話

あの方が私を思ってくれたことが、どれ程癒しになったか、伝えきれない程のことなのです。
霊界の構造とオーラ

地縛霊のタカシさんとの会話

霊界では誰もが誰もを好きで、誰とでも兄弟みたいで夫婦みたいなんだから、霊界に行ったら寂しいなんて思う暇がないよ。
霊界の構造とオーラ

地縛霊、タカシさんの供養と会話

私の感情の動きや心の中の独り言に対して、須佐之男さんのふりをして返事をしてくる霊がまた現われたので、話しているうちに地縛霊だとわかって、もう死んでいることを説明しました。
タイトルとURLをコピーしました