覚醒(悟り)のために必要なものと、いらないもの

この記事は約2分で読めます。
いつもお読みいただき、ありがとうございます
本日も応援クリックをよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

精神世界ランキング
ありがとう!!ありがとう!!ありがとう~!!


どうしたら覚醒できる(悟れる)のか、どうなったら覚醒できない(悟れない)のかを、簡単に話してみたいと思います。

 

どの色のオーラの人にも共通なこと

どの色のオーラの人にも共通で、覚醒(悟り)への進歩のために必要なのは、目の前の物事を解決することです。

人間関係、社会生活、自分の内面など、あらゆる問題を解決していれば、自然に価値観の変化が必要になって進んで行きます。

問題を放置することは、覚醒(悟り)を後回しにするということと同じです。

オーラについては、こちらをお読みください。

霊界の構造とオーラ
「霊界の構造とオーラ」の記事一覧です。

 

どの色のオーラの人にも共通で、覚醒(悟り)への進歩のために持っているといけないのは、皆様ご存じの執着です。

執着というのは、物事や人や何かへの執着はもちろんですが、恐怖、怒り、悲しみ、こうありたいという理想、こだわり、インナーチャイルドなども執着です。

覚醒したい(悟りたい)という気持ちも、強すぎれば執着になります。

 

執着があまりなければ、問題は少なく解決が簡単で苦しみも弱く、価値観が次々と変化しても抵抗せずに受け入れて覚醒(悟り)に到達でき、覚醒(悟り)の後も、順調に進んで行くことができます。

 

性格がいいよりも執着がない方が、成長は早いようです。

性格がいいかどうかは、他人にとって都合がいいかどうかということですからね。

 

画像は、公園で咲いていたルリマツリです。

 



お読みいただきまして、ありがとうございます!
下のバナーの応援クリックをどうぞよろしく!
クリックしていただくと、大切なことを多くの人に知ってもらえます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

精神世界ランキング



ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

98人の購読者に加わりましょう

霊界の構造とオーラ 悟り
シェアする
紫野をフォローする
スピリチュアル教室
タイトルとURLをコピーしました