大学の物理で、月と地球の軌道計算がない

この記事は約2分で読めます。
いつもお読みいただき、ありがとうございます
本日も応援クリックをよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

精神世界ランキング
ありがとう!!ありがとう!!ありがとう~!!


前回と前々回のムーンマトリックスの記事について、メールをいただきました。

前回と前々回の記事はこちらです。

地球人類は、月から操作して作り上げた仮想現実「ムーンマトリックス」に住んでいる
学者は、月は、高度に発達した技術を持った未知の存在が巨大な機械を使ってくりぬいた惑星だと示唆。
世界が幻想だというのは本当?『ムーンマトリックス覚醒篇6』の悟り
この世の現実が錯覚で世界は自分だということを説明してあり、1巻が青色オーラの悟りの内容だったのに対し、6巻は紺色オーラの悟りの内容になっているように思いました。

 

今まで疑問に思ってたことにピタピタあてはまる

「昨日アップのブログ大変興味深く読みました。

私は五感で感じることが苦しくなってきて、これが五感の時代の終わりにつながるのかな、と思いました。

また、以前の月に関するブログでも、私は大学で物理専攻しましたが、確かに月と地球の軌道とか計算がなく、問題にすらなってなかったような気がしました。

人工衛星と地球の軌道の計算は高校でも学習するのに。

ムーンマトリックスの内容があまりに今まで疑問に思ってたことにピタピタあてはまるので今日まで何度も読みました。

昨晩ムーンマトリックスと私がノートに字を書いたけど誰かにそのノートを持っていかれるという夢まで見ました。

ムーンマトリックス、機会があれば読んでみようかなと思いました。
それから、進歩成長に励もうと思いました。

よいブログありがとうございました!」

 

いつもお読みいただきまして、ありがとうございます。

人工衛星と地球よりも、月と地球を真っ先に取り扱うのが普通の感覚ではないかと思います。

月の異常さに気づかれないように、意図的に教えないようにしているのではないかと考えてしまいますね。

 

今回のメールの内容は、後から「世界が幻想だというのは本当?『ムーンマトリックス覚醒篇6』の悟り」の最後に移動させようと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました