祈ららの先祖供養で、涙のご報告

ブログの読者様から、次のようなメールをいただきました。
祈ららの霊(ひ)の祈りレベル2を実践中の方です。

涙や鼻水も止まらないほど

「ブログで、亡き作曲家さんがひかりさんとのカウンセリングで無事、成仏されたという内容を拝見しました。
そのやり取りに、本当に良かったなと心暖まるような穏やかな気持ちになりました。
それに礼儀正しい方なのでしょうか。
成仏後のやり取りでそのように感じました。

また一つ、霊の世界について、理解が進んだような気がします。

供養といえば、こちらでも少し前、親戚が突然病気で亡くなり、遠方に住まれていて、お葬式を行うのが難しく、そのまま直葬になってしまった方がいました。

せめてこれだけでもと思い、ご先祖供養のときにその家と名前を呼んで祈りを唱えました。
直ぐに涙や鼻水も止まらないほどになってしまい、ちゃんと伝わったようで、力になれたようでなによりだと思いました。
成仏されたかな…だといいですが、確認するすべがないのが少しもどかしいです…^^;」

ブログをお読みくださいまして、ありがとうございます。
あの作曲家さんは、礼儀正しい人です。
皆さまの温かいお気持ちを感じて、喜んでいるのではないかと思いました。

ご親戚の方の名前を呼んであげたのですね!
涙が流れたのでしたら、きっと成仏されていると思います。

「祈りの際、すぐに涙で溢れて、ものすごく感激されているように伝わってきたのが印象的で、今でも覚えています。

親戚の皆さんは、口々に「本当にいい人だった」と惜しそうに言います。

私とは記憶にある中では二度しか会ったことはありませんでした。
ですが就活について密かに落ち込んでいた頃、他の方の中で唯一前向きな言葉をかけてもらったことが、その後もその言葉を時々思い出すくらい、自分の糧になっていたと思います。

そんなことを、伝わって欲しいと思いつつ祈っていたら、さらにドバドバ涙が出てきて…本当に良かったと思います^^ お礼も一緒にお伝えしました。

やっぱりこの祈りの力は凄いですね。
ダイレクトに届くって感じなんですね~。」

>祈りの際、すぐに涙で溢れて、ものすごく感激されているように伝わってきたのが印
>象的で、今でも覚えています。

>そんなことを、伝わって欲しいと思いつつ祈っていたら、さらにドバドバ涙が出てき
>て…

これが霊感ですから、ご自身の感覚を信じてくださいね。

「そうなんですね~。
これが霊感だと、改めて言われますと嬉しいです!

自分の母方の先祖の方は、自分の実家で必ず毎回祈っているおかげか、他の家より反応がとても分かりやすくなっているように感じています。

親戚一同でお墓参りをしたとき、喜んでいるのを感じました。
亡くなられた親戚のお別れ会が済んだあとのことです。(両家のお墓が同じ土地にあります)

いつもの祈りで喜んでいる時と同じような感覚を感じました。
タイミング良く、祖母が「皆で参りに来たけんきっと喜んどるわ~」と言うので、「まさにそれ!」って思ってました(笑)

さらに、祈りは流石に時間が無く出来なかったのでご真言だけ唱えたのですが、唱え終わった直後にちょうど雲間から太陽が顔を出して明るくなりました。
これもご先祖さまか、先祖のご守護神仏さまか…喜んでくれているサインのように感じました。」

もう普段から、かなり普通に感じるようになられているようですね。
お祖母様も、何となく感じられるのかもしれませんね。

祈ららの祈りのレベルが上がると、ご自分で相手の反応を感じて判断していただく必要があるのですが、真心のこもった祈りを真摯に続けられて、順調に健康な霊感が出てきているように思いました。
一族の中にひとりでもこのように供養する人がいると、その一族全体も幸せだろうと思います。
祈ららの祈りを進めて行くことができるのは、カルマを浄化できる準備が整った人や一族なのでしょう。

画像は、公園で見かけた紅葉です。