須佐之男さんがスミレの種をくれた?

朝、急に小動(こゆるぎ)神社へ行きたくなったので、須佐之男さんが呼んでくれてると思って行って来ました。


行く途中で一時停止違反で捕まり、これはどういう意味だろうと考えました。

行くのをやめようかと思ったけれど、参拝してみたら、出雲伝承を知って以来、須佐之男さんとの関係がまだ良くないのでカルマ出しだなと思いました。

今回の免許更新は初の優良運転者だったのに、次回は一般運転者に格下げになるので残念です。


参拝は割といい感じで、最後の方に涙ぐみましだ。

まだ関係改善できるような情報がないので変な感じのままだけど、須佐之男さんから離れたりする気はないからこうして呼んでくれてるんだと思いました。


スミレの種を採取

一番の目的、タチツボスミレが境内に1株だけ見つかって種ができていたので、5個位さやを採ってきました。

去年の転居前に、以前小動神社でもらったタチツボスミレに病気が発生して、ベランダの植物が全滅したのです。


小動神社でもほぼ全滅しているのは、知っていました。

あんなに群生していたのに、1株しかないとは。

小動神社での全滅の理由は、病気ではないと思いますが。


その1株は、探そう思ったらすぐ目の前にありました。

でも他にもあるかなと思って探しても、見つかりませんでした。


きっと今なら種が採れるから、呼んでくれたんだと思いました。

参拝よりもこっちの方が大事という気持でした。


前回参拝して探した時には1株も見つからなかったんだから、今日はやはり特別な気持でした。

勝手に採ってきたら須佐之男さんにもらったことにならないと思っていたけど、今日は須佐之男さんが採らせてくれたような気がするから、須佐之男さんにもらったと思っていいかな~。


涼しくなってから種をまいてみて順調に育ったら、今度は小動神社に種まきに行って、タチツボスミレの群生復活を目指したいと思います。

2年前にベランダで咲いていたタチツボスミレです