オーラを進歩させるためにすること

オーラを進歩させるためにすることは、目の前の問題についてよく考えてひとつひとつ解決していくことだと思います。

ずっと考え続けることと言っていいかもしれません。


妥当な行動をしているだけ

考えてるよと思うかもしれませんが、ピンク色のオーラの人が自分で考えているようには見えません。

あの常識やこの常識や人にどう思われるかを照らし合わせて、妥当な行動をしているだけだと思います。

そこには、自分で感じて考えるという作業が抜けています。


あの常識やこの常識や人にどう思われるかを照らし合わせるのは、自分で感じて考えた後にすべきことです。


自分で感じて考えるまで、ピンク色オーラの人は長い時間がかかります。

生まれて初めて自分で感じて考えて成長したら、赤いオーラになっていると思います。


その後もずっと、自分で感じて考えることで、精神的に進歩成長してオーラの色も変わって行きます。


何を自分で感じて考えるかと言うと、目の前の問題を解決することです。

目の前の問題は目の前にあるし、自分で感じて考えるのには道具もお金も不要ですから、その気になりさえすれば誰にでも今すぐできます。


赤からオレンジへは熱心に、オレンジから黄色へは一生懸命に、黄色からグリーンへは真剣に、グリーンから水色へは四苦八苦して、水色から青へは七転八倒することになりますが、自分で感じて考えて進んで行きましょう。

公園でヤマモモの実がなっていました