自分で感じて考えることで、オーラは進歩する

進歩に必要なのは、いつでもどのオーラでも、自分で感じて考えることです。

そのためには、自分が感じたことや考えたことを受け入れるということも、当然できている必要があります。

自分を受け入れていなければ、自分で感じたり考えたりもできません。


課題はだんだんと難しくなって行く

ピンクから赤へは、少し自分で感じて考えることで変化できます。

課題はだんだんと難しくなって行くので、赤からオレンジへは熱心に、オレンジから黄色へは一生懸命に、黄色からグリーンへは真剣に、グリーンから水色へは四苦八苦して、水色から青へは七転八倒して自分で感じて考えることで変化できます。


課題が難しくなるほど、自分で感じて考える割合を増やすことになります。


しかし青から先では、あまり大変な感じがしません。

水色から青への変化(悟り)の時に、持てる力をすべて出し切ったのと関係しているのかもしれません。

だから本当は大変なのに、水色から青への変化に比べたら大変だと感じないだけなのかもしれません。

オーラについて、くわしくはこちらで書きました。
https://school.murasakino.net/category/reikai-no-kozo/

公園で咲いていた、アジサイです