一番好きなクイーン『愛にすべてを』と日本語の歌2曲

この記事は約1分で読めます。
いつもお読みいただき、ありがとうございます
本日も応援クリックをよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

精神世界ランキング
ありがとう!!ありがとう!!ありがとう~!!


クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞4冠だそうで、CD店の前を通るといつもクイーンがかかっています。

クイーンが10代のころのアイドルだった私としては、不思議~な気持です。

映画でもYouTubeでも、あの頃なら狂喜乱舞したであろう映像や情報が今では山盛りで、過去の苦労は何だったんだろうと愕然とする程です。

電車で1時間半かけて、フィルムコンサート(プロモーションビデオを上映するイベント)に行ったりしていましたから。

考えてみたら40年も前のことだったんでした。

クイーンの代表曲 『ボヘミアン・ラプソディ』

クイーンの代表曲は、これですね。

Queen – Bohemian Rhapsody (Official Video Remastered)

私が一番好きなのは、当時からずっと変わらずこれです。

Queen – Somebody To Love (Official Video)

こんな日本人へのメッセージソングもあります。

Queen 【TEO TORRIATTE (Let Us Cling Together)】High Definition Mix 2005

日本語の曲は、ソロでもう一曲あります。

富士の雪、京都の雨、東京の夜、こんな日本がフレディは好きだったんですね~。

Freddie Mercury & Montserrat Caballé — La Japonaise

公園で咲いていた藤です
タイトルとURLをコピーしました