フォルクスワーゲンが気象兵器を使って裁判になっている

フォルクスワーゲンが、自社の車を雹(ヒョウ)から守るために気象兵器を使っています。
すると雨が降らなくなったとして、地元農家が訴訟を起こしているそうです。

つづきはこちらへ。