フォルクスワーゲンが気象兵器を使って裁判になっている

フォルクスワーゲンが、自社の車を雹(ひょう)から守るために気象兵器を使っています。

すると雨が降らなくなったとして、地元農家が訴訟を起こしているそうです。

元の記事はこちらです。
自動車会社の気象兵器vs地元農家

こんな一企業が、ささやかな気象兵器を実際に使っているのですね。

気象兵器や地震兵器は本当にあるのか

まだ、気象兵器や地震兵器は本当にあるのかと思っていますか?

環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約(かんきようかいへんぎじゅつのぐんじてきしようそのたのてきたいてきしようのきんしにかんするじょうやく)は、国連で1978年10月5日に発効されています。

こちらのサイトでは、気象兵器や地震兵器が普通に報道されていたころの新聞記事が紹介されています。
環境改変兵器禁止条約を学校の教科書に載せ、ちゃんと教える

となると、近年の異常気象は自然現象ではないと考えた方が自然な感じがしてきます。

気象兵器や地震兵器なんてあるわけないと宣伝しているのは、あの方々なのかもしれません。

画像は、公園のクスノキです。