ISISのテロは、西側諸国の自作自演

カメラを向けられて、ちょっと嫌な顔のナッツです。

テロの記事を書いたら、ちょうどまたイギリスとインドネシアでテロが起きました。

ISISが関与を表明しているようですが、過去記事でも書いたようにISISはイスラムの組織ではありません。

トランプ大統領もISISはオバマとヒラリーが作ったと言っていましたが、あの話はその後どうなったのでしょう。

ISISのリーダーは、イスラエルの工作員だそうです。

だからISISがテロに関与したということは、アメリカやイスラエルや西側諸国の自作自演だと思っていた方がいいということです。

イスラムへの憎しみをあおるためです。

戦争もやむを得ないという風に世論を誘導しようとしています。

戦争をすると儲かりますから。

それにテロを起すと、世界は危険だと思わせて人類総管理社会に向かわせることができます。

日本のテロ等準備罪成立への後押しでもあるのかもしれませんし、他にも同様の状態の国があるかもしれません。

テロのためのテロ等準備罪ではなくて、テロ等準備罪のためのテロ
「テロ等準備罪」新設法案は、テロを未然に防ぐためのものだと言っていますが、「テロ等準備罪」新設を目的にテロが行われています。