テロのためのテロ等準備罪ではなくて、テロ等準備罪のためのテロ

2017年1月31日、東の空に、笹の葉形ではないですが、笠型?のような怪しげな雲が出ていました。
めがねの形?
見てるよ~っていうしるし?一応、横並びなのでクラウドシップのしるしかな?

もう帰ろうと思ったら、最後に東に見えた雲です。

クラウドシップ(雲形UFO)を見る意味は、こちらをお読み下さいね。

宇宙人は可能であるかぎり応答する
宇宙人たちがどういう考えでいるのかが、よくわかりませんでしたが、可能であるかぎり彼らは応答するという気持なのだとわかりました。

自民党による「テロ等準備罪」新設法案が少しずつ進んでいます。

これも親分からの要請でしょう。

民進党は、一億総管理社会になるかもしれないと言って反対しています。

「テロ等準備罪」新設法案は、テロを未然に防ぐためのものだと言っていますが、「テロ等準備罪」新設を目的にテロが行われています。

テロのための法案ではなくて、法案のためのテロなんです。

一億総管理社会になるかもしれないのではなくて、一億総管理社会にするのが目的です。

親分達は、地球人類総管理社会を実現するために、まず各国に総管理社会を実現したいわけです。

そのために、危険が迫っているから「テロ等準備罪」のようなものを新設する必要があると思わせようとして、テロ芝居を世界各国でやっています。

親分たちは、恐怖によって大衆をあやつろうとします。

本当はまあまあ平和なのに、テロや戦争で世の中は危険だと思わせて、自分で自分の首を絞めさせようとします。

4つのテロで同じ女性が泣き叫ぶ姿が、カメラにとらえられているそうです。

これってどういうことだと思いますか?

あちこちのテロに出演するクライシスアクターという人達が存在していて、クライシスアクターは、大きな事件が起こった場所に行って、大騒ぎして傷だらけの被害者を演じたり泣いたりします。

犯罪のヤラセをするのがクライシスアクターです。

ISISに殺害された湯川さんは、クライシスアクターだと自称したという情報があるそうで、クライシスアクターの請け負いをする民間軍事会社を経営していたそうです。

湯川さんは、犯罪やテロのヤラセをしに行って、ヤラセで済まなくなったのかもしれません。

「テロ等準備罪」新設法案が衆議院で可決されて、テロを演じさせている親分たちは喜んでいることでしょう。

みんなもっと探偵気分になって、何が本当の目的なのかをよく考えた方がいいと思います。

親分については、こちらのカテゴリーをお読みください。