大人になるのを嫌がる永遠の少年少女は、赤いオーラ

公園で咲いていた、カタバミです。

大人になるのを嫌がる永遠の少年少女は、赤いオーラの人です。

赤いオーラの人は、自分の好きなことを追求してプロになって活躍しているので、夢を追い続けて成功している人とも言えます。

子供の気持のまま、ずっと生きて来た人です。

オーラの色については、こちらで書きました。

幽界の下層(地獄波動)にいる人のオーラ
幽界の下層(地獄波動)にいる人のオーラの色は低い順に、白、ピンク、赤、オレンジ、黄色です。 黄色までが幽界の下層(地獄波動)の色です。
オーラの色による感情や愛情面の状態
感情や愛情面にだけ絞ってオーラの色による状態を見てみると、こうなります。 女性は社会性よりも感情面が得意なので、女性にはこちらの方が近い感じがするかもしれません。
幽界の上層(極楽浄土)にいる人
幽界の上層(極楽浄土)にいる人のオーラの色は低い順に、グリーン、水色です。 自分や自分の家族の為だけの人生ではなくなってきていて、自分も人も幸せになるにはどうしたらいいかと考えています。
悟って転生を終えた霊だけの世界
青以上のオーラの人はもう転生の必要がないのですが、奉仕の為に生れて来ています。 青いオーラは守護霊たちの色でもあります。

「 霊界の構造とオーラ 」一覧

オーラ診断と3デイヒーリングでは、オーラの色を診断させていただいています。

そういう人が周囲を見ると、大人になると純粋さがなくなって心が汚れてしまうように思えます。

そんな大人が素敵には見えない、それなら好きなことを追求し続けている方が楽しいと思います。

でも純粋さがなくなって心が汚れてしまった大人というのは、まだ幼いんです。

上手に大人になれていないから、純粋さや心の美しさを失ってしまったんです。

進歩というのは、何かを失って次へ進むのではなくて、何も失わないで新しいことがどんどん身につくことです。

進めば進むほど、持ち駒が増えて自由になって行きます。

そう見えないのは、進歩が上手にできていないからです。

それが大人だと思ってしまったら、自分の可能性を狭めてしまいます。

赤いオーラの次のオレンジの人の中にも素敵な人はいますから、大勢のうまく行っていない人を見てだめだと思わずに、上手に大人になっている人を探しましょう。

オレンジ色オーラの特徴は思いやりと共感ですから、思いやり豊かでいいなあと思える人がきっと見つかると思います。

いいなあと思ったら真似てみると、赤いオーラの人の進歩がはじまります。