スピリチュアルでも何かのプロは基本的に赤いオーラ

2017年1月30日に現われた、クラウドシップ(雲形UFO)かなあという雲です。

上の写真の雲の右側にも、似たような雲が出ていました。

それで横並びということになりましたから、宇宙人のサインかもしれません。

クラウドシップ(雲形UFO)を見る意味は、こちらをお読み下さいね。

宇宙人は可能であるかぎり応答する
宇宙人たちがどういう考えでいるのかが、よくわかりませんでしたが、可能であるかぎり彼らは応答するという気持なのだとわかりました。

ピンク色のオーラの人が何かの専門分野に情熱を燃やして追求し、プロとして一人前になると、オーラは赤色に変化します。

オーラというのは精神的なものですが、精神的な進歩の背景には現実生活での人や社会との関係が不可欠なようです。

ですから、内面の状態よりは社会的な状態で、オーラの色は大体判別できます。

オーラの色については、こちらで書きました。

幽界の下層(地獄波動)にいる人のオーラ
幽界の下層(地獄波動)にいる人のオーラの色は低い順に、白、ピンク、赤、オレンジ、黄色です。 黄色までが幽界の下層(地獄波動)の色です。
オーラの色による感情や愛情面の状態
感情や愛情面にだけ絞ってオーラの色による状態を見てみると、こうなります。 女性は社会性よりも感情面が得意なので、女性にはこちらの方が近い感じがするかもしれません。
幽界の上層(極楽浄土)にいる人
幽界の上層(極楽浄土)にいる人のオーラの色は低い順に、グリーン、水色です。 自分や自分の家族の為だけの人生ではなくなってきていて、自分も人も幸せになるにはどうしたらいいかと考えています。
悟って転生を終えた霊だけの世界
青以上のオーラの人はもう転生の必要がないのですが、奉仕の為に生れて来ています。 青いオーラは守護霊たちの色でもあります。

「 霊界の構造とオーラ 」一覧

オーラ診断と3デイヒーリングでは、オーラの色を診断させていただいています。

私が見ているのは愛する能力を表すオーラで、胸から出て全身をおおっている7色のオーラです。

愛するということは、人や社会との関係とほぼ同じになってしまうものなのですね。

赤いオーラになると、はじめて進歩というものを経験するので、ものすごく進歩したように感じます。

周りの人が幼く見えて、高いところから見下ろしているような感じがします。

スピリチュアル的に中~上級者になったような気持です。

それでもうみんなと同じじゃないと思ってオーラ診断を受けると、赤と言われてがっかりされてしまいます。

というのも、たとえスピリチュアルでも何かのプロは基本的に赤いオーラなんです。

何かのプロになっただけでは、人間としての成長はまだまだはじまったばかりということですね。

これから結婚をして家族を持ち(オレンジのオーラ)、社会的にも立場を固め(黄色のオーラ)、自分も人も社会もみんなが幸せなように動くことができるようになったらグリーンのオーラになって、人生上の取りあえずの目標が達成できたことになります。

グリーンのオーラになれば、死んだ時にもそのまま成仏します。