出雲伝承による、八坂神社のはじまり

公園で咲いていたムスカリです。

ツラン(今のアフガニスタンあたり)からバイカル湖畔を経由して、1万数千年前から少しずつやって来ていた日本人は縄文人として生活していました。

3000年位前には出雲族が到着し、出雲族が日本で最初に王制をはじめました。

そこへ紀元前219年頃に秦(しん)から来日した徐福(じょふく)が、スサノオで火明(ほあかり)でニギハヤヒです。

徐福の先妻の子が五十猛(イソタケ)で、丹後の海部(あまべ)氏や尾張(おわり)氏の先祖です。

五十猛の子、天の村雲が、ヤマト王国の初代大王になりました。

徐福の北九州の妻の子がヒコホホデミで、物部(もののべ)氏で天皇の先祖です。

今までの歴史は、歴史カテゴリーをお読みください。

この連載の最初の記事はこちらです。

日本人のルーツは、バイカル湖経由のツラン文明
地球最古の文明はシュメールだと言われています。けれどこれは違っていることがわかっているそうで、シュメール以前があるのだけれども、今現在はそれがどこの何人かがわからないのだそうです。

徐福(スサノオ、ニギハヤヒ、ホアカリ)が亡くなってから、朝鮮半島の(後に新羅となる)辰韓(たつかん)からヒボコ(日矛)が渡来しました。

ヒボコと従者たちは但馬(たじま。兵庫県北部)に住んでいましたが、出雲王国領の播磨(はりま。兵庫県南部)へ侵入したので、ヤマトのカツラギ連合王国と丹波の海部氏が攻め入りました。

追われたヒボコ系の人達は、淡路島へ逃げたそうです。

ヒボコは、兵庫県豊岡市、但馬国一ノ宮出石(いずし)神社に祀られています。

播磨に新しく入った海部氏が、先祖のスサノオとイソタケ(五十猛)を祀りました。

これが姫路の広峯(ひろみね)神社のはじまりです。

「その後、ヒボコの子孫であった息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと。神功(じんぐう)皇后)がこの社で大斎を行い、牛頭天王(ごずてんのう。スサノオとされる)を祭り、新羅国明神と尊称したと伝わる。

ここに、秦国系の渡来人と新羅系の渡来人との混同がはじまり、秦国系の圧倒的多数の渡来人集団を、新羅系渡来人だと誤解する人が現れたらしい」()内は紫野

出雲と大和のあけぼの

元々秦一族の海部氏が祀ったところに神功皇后が牛頭天王を祀って新羅国明神と呼んだので、スサノオや秦(はた)一族を新羅系だと考える人が増えたということです。

スサノオと牛頭天王は同体だという風に考えられていますが、それもここから始まったことなのかもしれません。

その後、広峯神社から綾戸国中(あやとくなか)神社梛(なぎ)神社を経てだったと思いますが、京都の東山へと神霊が移されました。

これが八坂神社のはじまりです。

八坂神社は新羅系ではなくて、秦氏系なんですね。

スサノオを祀った神社は全部、スサノオが秦から来たのですから秦氏系ですが、八坂神社は秦氏系の中でも物部氏ではなくて海部氏系ということです。

次回は、出雲王国の滅亡についてです。

この記事は、次の本を読んで書きました。超おすすめ本です。

50年後には、出雲の伝承が日本古代史のスタンダードになっているだろうと思います。

公園で咲いていたヒュウガミズキです。

コメント

  1. たぬき より:

    淡路島の洲本市の紀淡海峡に望む由良地区の交通不便(ほとんど交通途絶状態)の場所に天日鉾命を祀る生石(イクリ、オイシ)神社がひっそりと在ります。
    地元歴史家の間では渡来人=ユダヤ人?の祭祀遺構ではないかと言われています。

    古来、地政学上、軍事上、交通の重要なポイントでもあり、戦前戦中には日本軍の由良要塞がありました。
    洲本城は元来、この由良地区の「成ヶ島」に有ったものを中世戦国時代に現在地に遷した(由良引け。として伝わります)

    、、、ナル、ナリ、ナラ等は半島由来の言葉で意味は光輝く、照輝く。等だそうです。ナラは国都(光輝満てる場所)の意味も

    • 紫野 より:

      由良という地名は、兵庫県北部にもあったと思います。
      ヒボコと一緒に地名も移ってきたのかなあと思いました。