連続24日目のクラウドシップ(雲形UFO)は、ノリノリでいっぱい見せてくれました

2016年12月16日から、毎日の犬の散歩1~1時間半の間に宇宙人のしるしをお願いして写真に撮りました。

笹の葉形の雲が上下に並んでいると合図だとわかりやすいとお願いしたので、並べて見せてくれることが多くなっていますが、横並びや上下にみっつ並びというのも出てきました。

これまでに、波動が合うと雲が出現することがわかりました。

簡単なコミュニケーションとしても、笹の葉形の雲を出現させてくれるようになりました。

連続24日目。2017年1月8日

この日は雨のぱらつく曇り空で、見にくかったですが、いつも通りの枚数が撮れました。

これが、この日撮れた中では、いちばんわかりやすかったかもしれません。

まわりに何もない状態だとよく見えます。

いつもこうだといいんですけどねえ。

上の方の斜めになっているのもそうかもしれませんが、よくわかりません。

うっすらと出てきていた、上下二つ並びで合図してくれているような雲です。

下の方に、大きいのの一部が見えていました。

これで半分くらいかもしれません。

他にも、ぼんやりしたのが2~3枚撮れていました。

もう1~2枚でいいと思っているんですが、割とノリノリで、いっぱい見せてくれているような感じがします。

こんなこと言っていられるのはたくさんあるからで、雲ひとつない青空だと、しょぼーんなんですが。

興味のある人は呼んでみてくださいね。

波動が合えば、出現してくれるんじゃないかと思います。

波動が合うというのは、両思いになるというような感じです。

UFOを呼ぶ意味は、こちらをお読み下さいね。

宇宙人は可能であるかぎり応答する
宇宙人たちがどういう考えでいるのかが、よくわかりませんでしたが、可能であるかぎり彼らは応答するという気持なのだとわかりました。