連続18日目のクラウドシップ(雲形UFO)の写真は、うじゃうじゃと笹の葉模様かという程どっさり

2016年12月16日から、毎日の犬の散歩1~1時間半の間に宇宙人のしるしをお願いして写真に撮りました。

笹の葉形の雲が上下に並んでいるとそうだとわかりやすいとお願いしたので、並べて見せてくれることが多くなっていますが、全部がそうというわけではありません。

連続17日目までで、波動が合うと雲が出現することがわかりました。

簡単なコミュニケーションとしても、笹の葉形の雲を出現させてくれるようになりました。

2017年1月2日

お正月2日は雲がいっぱいありましたが、笹の葉形の雲はありませんでした。

昨日もはっきりしたのはなかっし、もうやめた方がいいのかなあ、大変なのかなあ、毎日続けなくたって時々現われるというのでいいという考えなのかなあ、まあそれでもいいかもしれないけどなどと考えながら歩いて、最後の方に見えたのがこれです。

ちゃんと見せてくれたなあと思いました。

暗くしてあります。

公園の中からもこういうのが見えました。

細いのが横並びになっているようです。

自宅に戻ってくると、散歩の時には見えなかった方向に、うじゃうじゃと笹の葉模様かという程どっさりと出ていました。

上の大きいのもそうかなと思いますが、笹の葉模様は空の下の方です。

私がもうやめるのかなあと考えていたので、はげましてくれたんでしょうか。

元旦から体調が悪くなったのは、宇宙人たちが何かしているからなのかなあとも考えていましたから、そうじゃないということに気づいたので喜んでくれたというのもあるかもしれません。

写真は、少し暗めしてあります。

全体は暗いですが、雲が肉眼で見えている状態に近くしています。

UFOを呼ぶ意味は、こちらをお読み下さいね。

宇宙人は可能であるかぎり応答する
宇宙人たちがどういう考えでいるのかが、よくわかりませんでしたが、可能であるかぎり彼らは応答するという気持なのだとわかりました。