連続11日目にも現われた、楽しそうな雲形UFO

2016年12月16日から、毎日の犬の散歩1~1時間半の間に宇宙人のしるしをお願いして写真に撮りました。

笹の葉形の雲が上下に並んでいるとそうだとわかりやすいとお願いしたので、並べて見せてくれることが多くなっていますが、全部がそうというわけではありません。

2016年12月26日

微妙なのばかりかなあと思いましたが、自宅へ帰って来てからよく見てみると、なかなかそれらしいのがいくつも撮れていたように思いました。
まず最初に見えたのはこれです。
あまりちゃんとしてないなあと思って没にしようとしたら、これは本当だと伝わって来るので残しました。


こんな形のあいまいなのでも、雲形UFOだということがあるみたいです。
先日も、明らかに全然普通の雲なのに間違いなくこれはそうだとはっきりわかった時もありましたから、形の特徴がはっきりしているのだけがそうとは限らないみたいです。

次は、散歩の終わりに長くて大きいのが出ていたので撮りましたが、帰って来てよく見たら普通の雲かもしれないと思いました。
それよりも右下にあったふたつが、それっぽかったです。

このごろインスタグラムで他の方が撮った雲形UFOを見ることがよくありますが、何か雲が楽しそうにしているように見えることが多い気がします。

上の写真の右下のふたつも、そんな感じですね。

違う方向にも、ふたつ出ていました。

上の写真もこの写真も、ふたつ並べることで「これだよ!」とサインを出してくれているみたいです。

以後もずっと、上下や左右にふたつ以上をよく並べてくれます。

UFOを呼ぶ意味は、こちらをお読み下さいね。

宇宙人は可能であるかぎり応答する
宇宙人たちがどういう考えでいるのかが、よくわかりませんでしたが、可能であるかぎり彼らは応答するという気持なのだとわかりました。