UFOを呼ぶ方法を考えたら、OKの合図が来ました

10月31日に宇宙人とテレパシーで会話した後、広くてじっとしていられる場所でまたUFOを呼んでみましたが、現われてくれたのかどうかがよくわかりませんでした。

それで興味を失っていましたが、1ヶ月以上経ってからまた関心が戻ってきました。

12月13日、犬の散歩中にUFOについて何ができるか、考えていました。

今のところはブログの記事にすることで宣伝になっているというだけです。

でも、それでいいんじゃないかと思いました。

そういうところから、UFOについて正しい知識を持ったり、UFOを見たり呼んだりできる人が増えるといいんだろうと思います。

UFOを呼んで写真を撮ってそれを公開していくといいUFO宣伝活動になるなあと思って、散歩しながら、呼び方を考えていました。

一応考えて散歩から帰る途中、空に笹の葉形の雲(雲形UFO?)が出ていました。

写真ではちょっと薄いですが、肉眼では普通に見えていました。

それでOKだよという合図だったのかなと思います。

「もう来てるよ~」かな~・・・。

少し前から、笹の葉形の雲で何かとサインをもらっています。

雲形UFOの画像が撮れました
笹の葉形の雲はUFOの擬態なのかもしれないと思って、撮影した画像があります。雲形UFOが擬態しているのか、ただUFOみたいな雲をそこに出しているだけなのかよくわかりませんが、何かちょっとしたサインを出してくれているのかなあと思いました。
雲形UFOとピンクの光が撮れました
笹の葉型の雲がいっぱい出ていました。前日、撮ったと思ったのに薄すぎてちゃんと写っていなかったので、サービスしてくれたのかなあと思いました。

それから車で帰る途中に、笹の葉形の雲がふたつ上下にくっついている形の雲がありました。

だるまさんを横長にしたみたいな形です。

あれがいつも出るのだと、さすがに不自然だから、人為的なものだとわかると思いました。

しかも自然のものなので怪しまれません。

あの形で出てくれるといいなあと思いましたが、どんな風にしてくれるかは、あちら次第でした。

UFOを呼ぶ意味は、こちらをお読み下さいね。

宇宙人は可能であるかぎり応答する
宇宙人たちがどういう考えでいるのかが、よくわかりませんでしたが、可能であるかぎり彼らは応答するという気持なのだとわかりました。