いい加減な結婚は、不幸のはじまり

20160818-9

公園の植え込みで寝ていた猫たちです。

私はスピリチュアルカウンセリングやいろんなご相談をみなさまから受けていますが、不幸に不幸を重ねてどうにもならなくなって行くようなタイプの人にかなり共通していることがあるなあと思います。

他もいろいろとあるでしょうが、いい加減な結婚をしている人が多いということです。

あまり好きでもないのにこれでいいかと結婚してしまったら、相手の両親とうまくいかない。

両親というのは本人の土台ですから、本当にうまくいく相手の両親とはうまく行きやすいと思います。

本人同士がとても良くても相手の両親とはだめということはよくあるのに、本人同士があまり良くなければ両親とはもっとだめなことが多いと思います。

あまり好きでもないのに結婚してしまう人は、自分に価値を感じていませんし、人任せです。

だから何かにつけて考え方や選択が適当になり、人任せになり、あれもこれもいい加減が重なって、気がつくと不幸だらけになってしまっています。

問題を解決しようと思っても、今まで問題にならないような選択をしてこなかったので、どうしたら問題を解決できるかもわかりません。

そして問題解決のためにまた、適当に人任せにいい加減にやってしまって、問題が広がって行きます。

どうしてこんなに自分のことを適当に人任せにいい加減にする人が多いのかというと、それは学校でそう教わったからです。

学校では自分で感じず考えず選択しないことを、毎日12年間もたたき込まれますから、世の中の常識もそうなっています。

学校や世の中にそう求められたからそれがいいことだと思っていたら、いつまでも自分のことを適当に人任せにいい加減にする生き方を終わりにできません。

今現にそれでぐちゃぐちゃになって、解決もできなくなってしまっているのなら、それは間違っていたんです。

世の中や先生や親や人の言いなりではなく、自分が本当に感じていることを実行してみましょう。

どうしてもこの人と結婚したい!と思うのでなければ、やめましょう。

それが自分の価値を認めるということでもあります。

いつも自分の本当の気持に従うようにしていたら問題はあまり起こらないし、たくさんの問題も解決に向かって行くと思います。

20160818-6

コメント

  1. あゆみ より:

    ある方が、「結婚は国民の義務」だとおっしゃっていました。
    結婚して子供を作り、育てていくのが国民の義務であり、国の繁栄に繋がっていくのだから、結婚しないで生きることは、個人のわがままだとおっしゃるのです。

    結婚しない(できない)女は負け組だと言われ、肩身の狭い人生を強いられるので、
    ある程度の年齢になると、焦って近場で適当に手をうって結婚にこぎつけるのだと思います。
    また、いつまでも1人でいると、おせっかいな人がやたらと紹介してくることもありますよね。

    なので、仕方がなく結婚する人達もいるのだと思います。

    これから、少しずつでも、このスピリチュアル教室に書かれてあることが、必要な人達に届いて、意識が変わっていけばいいですよね。

    ご無沙汰しております。祈りをず~っとお休みしてましたが、最近あるきっかけで再開できました。もう完璧を求めずに、マイペースでゆるゆるで続けていければ・・と思っております。

    1つ、この教室で取り上げていただきたい題材がございます。
    女性の「乳がん」についてです。
    私の周りにも乳がんの人がたくさんいますし、スピで繋がっている方のお客さまにも乳がんのかたがいらっしゃるとのことでした。

    最近では、テレビで芸能人の方にも乳がんの方が増えてきているようです。

    少し前から、自分なりに考えてみたりしているのですが、師匠のお考えを聞いてみたく、書かせていただきました。
    (すみません、私の中ではひかりさんは、少し前からスピリチュアルの師匠と勝手に思っています^^私の学びの原点です)

    • ひかり より:

      結婚は国民の義務、肩身が狭くて結婚・・・、そんな人がまだいるんですね・・・。
      それは、こんな記事以前の問題のように思いました。

      うーん、複雑な気分です。カルチャーショック・・・。
      この記事でイメージしていたような人たちは、案外進歩的だったのかもしれません。

      祈りは、一生モノだと考えていただいて、マイペースがいいと思います。

      せっかくご希望いただきましたが、乳がんについては何も知識がなくて何も考えたこともないのです・・・、なので何もコメントできずすみません!