自分で自分を愛するようになるまで、心からの満足はない

20160521-5

公園で咲いていた、バラです。

誰でもみんな、心からの愛や、心からの幸せや、心からの満足を求めているでしょうね。

でもそれを人や外に求めていると、死ぬまで見つかりません。

いいえ、死んでも見つかりません。

そのことをいつも、私は霊相手にカウンセリングさせていただいているんですから。

心からの愛や幸せや満足は、自分がはじめから持っています。

自分で自分を愛するようになってそのことに気づくまで、いつまでたっても心からの満足はないんです。

誰かに愛してもらわなくても、自分で自分を愛することができるようになると、人が必要でなくなります。

誰かに愛してもらわなくても良くなります。

愛されたがりではなくなります。

愛することで幸せになることがわかったので、愛したがりになります。

愛される快楽よりも、愛する快楽の方がはるかに大きくて楽しいことがわかってしまったんです。

愛される快楽は、楽しさがほんの少しで、苦しみの方が多かったとわかるようになったんです。

これが大人になることで、親離れができたということです。

親の愛を求めなくなり、自分から親を愛するようになったら、オーラはグリーンになっています。

※ グリーンのオーラについては、こちらで書きました。

幽界の上層(極楽浄土)にいる人
幽界の上層(極楽浄土)にいる人のオーラの色は低い順に、グリーン、水色です。 自分や自分の家族の為だけの人生ではなくなってきていて、自分も人も幸せになるにはどうしたらいいかと考えています。

前回の記事への、ご感想をいただきました。

ありがとうございます!

「この度のブログの内容は、闇の自分を抱きしめた時に感じた気持ちをそのまま言葉にしていただいたといった感じで、本当にビックリしましたのと同時に頭でも理解できてすっきりしました。
読者に分かりやすく、気持ちにそった言葉で暖かい文章を載せていただき、いつも本当にありがとうございます。
紫野さんが魂全てを御自分の事として受け止められて愛されているのが伝わってきます。

鎮守の神社の神様からいただく暖かい波動みたいです。
本当に感謝しております。
これからも宜しくお願い致します」

今回の記事が、少しでもお役に立てていただけていましたら大変うれしく思います。

心でも頭でも、理解できるといいことですね!

実はいつもなかなかうまく伝えられないなあと思っていたので、今回いただきましたメールの内容には、驚いたりほっとしたりいたしました。

デリケートな感覚を、上手に説明してくださったからだと思います。

言葉で表現するのが、とてもお上手ですね!