ISIL(ISIS)はアメリカ(イスラエル)の自作自演という説「超陰謀論」

20160507-2

公園で咲いていた、カナメモチです。

ベンジャミン・フルフォードX山口敏太郞「超陰謀論」ではいろんな話が目白押しでしたが、東日本大震災がアメリカが起こした人口地震だということともう一つ、やはりとても気になったことがありました。

日本人人質事件の目的は、日本を中近東での戦争に参加させるために、イスラムへの恐怖や憎しみをあおりたかったらしいです。

「そもそもISILを率いるアブ・バクル・アル・バグダディの正体は、サイモン・エリオットというモサド(イスラエルの諜報機関)の工作員なのです。
M15の人間に聞いた話では、ISILがインターネットで配信している映像は、エルサレム経由で出ているそうです」

「正確にはイスラエルの中のナチス一派で、彼らはサバタイ派マフィア、闇の勢力とつながっているのです」

イスラエル(アメリカ)が自作自演でイスラムの振りをして日本人人質事件を起こし、イスラムへの憎しみをあおったのですが、日本人はきょとんとしているだけだったということのようです。

ISIL(ISIS)に関しては、イスラエル(アメリカ)がイスラムの振りをして、世界の世論をイスラムとの戦争に向けようとしているのだと思って見ていればいいということになるようです。

サバタイ派マフィア、闇の勢力というのは、イルミナティのことですね。

イルミナティについては、こちらで書きました。

イルミナティのとんでもない勘違い
自分達は神に選ばれた特別な選民だから、他の人類は自分達の家畜として扱わなければいけないと考えている人達がいるそうです。

この動画では元アメリカ兵が、「本当の敵はカネになるから戦争をやらかす、という組織」だと言っています。

結局のところ、こういうことが起こっているということに無意識ではなく意識的に気づいて、ちゃんとNOと言うということだと思います。

いったいどうしたらいいのかと思うかもしれませんが、知って拒否する、それでいいのだと思います。

その為には、やはり知ることが必要になってきますから、こういうことを知らせている人達の声をみんなは聞いた方がいいと思います。

中には間違いが混じっているかもしれませんが、イスラエルの自作自演に乗せられてしまってアラブを攻撃したら、その方が大変です。

もっといろいろと知りたい人は、こんなページがありました。

どうもです。やっぱり、ぼくはISISに関わる一連の流れが気になってしまいまして、こうやってしつこくブログを書くこととなってしまいます。ISISによる一連の残虐…
これまでのふりかえりのためにISISとアメリカを中心に関連サイトをまとめました。真実とは。

陰謀論なんてトンデモだと言う人は、こちらをどうぞ。

アメリカ大統領の外交顧問が、人々がコントロールできなくなってきたとぼやいています。

G7サミットの闇
大衆が世界的な不正、不平等、尊敬の欠如、搾取について意識的に気づいてきたので、国家にとっては困難な状況だと言っています。

スピリチュアルの中にも闇の勢力がありますから、よく知っていましょう~。

闇の組織イルミナティ系スピリチュアルに注意!
白色同胞団がイルミナティなのかどうかが気になって調べてみたら、いろいろと情報が出て来ました。この記事は先頭に固定表示中です。

20160507