道祖神はインドのシヴァ、サティ、ガネーシャ。出雲古老の伝承。

20160510

近所の道祖神です。

「出雲と大和のあけぼの」(斎木雲州)で出雲古老の話では、日本最古の国家は大和朝廷ではなくて出雲王国だそうです。

その国教はサイノカミ3神で、父がクナトノ神(イザナギ)、母が幸(さい)姫(イザナミ)、子がサルタ彦ですが、この3人はインドから出雲へやって来たドラヴィダ人王家の3人で、そのさらに元になったインドの神がいます。

それは、父がシヴァ、母がサティ、子がガネーシャです。

今までの記事はこちらにあります。

「天照大神は出雲の神で、天皇の先祖は須佐之男」出雲古老の歴史暴露
今まで記紀からあれこれと推測するしかなかった日本古代史も、こうして暴露される時代が来たのだと思います。
日本の創造神話はインド神話の作り変え。出雲古老の伝承。
イザナギノ命とイザナミノ命は、3000年以上前にインドから出雲へやってきたクナト王と幸(さい)姫に、後からつけた名前だということです。

クナトノ神の一行がインドを出たのは、アーリア人の侵入があったからのようで、その時代はバラモン教がドラヴィダ人に浸透しはじめたころだったようです。

ですから、サイノカミ3神のシヴァ、サティ、ガネーシャはバラモン教以前かもしれませんが、バラモン教が少し混じっているのかもしれません。

徐福(じょふく。須佐之男命。天火明。饒速日)の子孫で天皇の周りの人達が徐福系の創造神話を記紀に使わなかったのは、出雲族の方が古いからというのもあるでしょうが、それが中国と同じになってしまうからだったかもしれないと思います。

徐福は秦の始皇帝をだまして日本に5000人もの若い人達を連れて来て帰化したので、日本が中国の属国だと言われないように、徐福のことは隠したかったそうです。

それが須佐之男命の存在を記紀から抹消しているように見える理由だったようです。

それで、創造神話は出雲族のものをアレンジしたようです。

「出雲と大和のあけぼの」と同じ大元出版から出ている「幸の神と竜」(谷戸貞彦)には、縄文人のほとんどはイズモ族だったと書かれています。

そうだとすると、縄文人の神はインドのシヴァ、サティ、ガネーシャということになって、びっくりです。

そしてこの3人に当てはめたクナトノ神、幸姫、サルタ彦が、道祖神として出雲族の移住先で祭られ、今でもあちこちで見ることができます。

さっき、近所で撮影してきた道祖神です。

仲の良さそうな男女が彫ってあるのが、クナトノ神(シヴァ、イザナギ)と幸姫(さいひめ、サティ、イザナミ)ですね。

20160510-2

庚申について、ウィキペディアではこう書いてありました。

「現在までに伝わる庚申信仰(こうしんしんこう)とは、中国道教の説く「三尸説(さんしせつ)」をもとに、仏教、特に密教・神道・修験道・呪術的な医学や、日本の民間のさまざまな信仰や習俗などが複雑に絡み合った複合信仰である。」

ここに、猿田彦(ガネーシャ)も習合したようで、みざる、いわざる、きかざるの三猿が、庚申塔にはよく彫られています。

これもさっき撮影した、青面金剛庚申塔。

この庚申塔の下の方にも三猿が彫られていたのかもしれませんが、判別できなくなっていました。

20160510-3

道祖神や庚申って何だろうと思っていましたが、神道以前の出雲の国教の神だったんですね~。

縄文人のほとんどはイズモ族だったのなら、神道以前の日本の国教の神と言えますね。

庚申の方は、以後の信仰と混ざっていますが。

これから道祖神を見かけたら、しげしげと眺めるようになりそうです。

はじめから道祖神好きの人って、出雲ととてもご縁が深いんだろうなあと思いました。

5月11日、画像追加です。

よく行く公園のそばに、庚申塔がふたつ並んでいました。

左は、庚申塔という文字の下に、三猿が彫られています。

右は青面金剛庚申塔で、下の方に三猿が彫られているようですが摩耗していました。

あちこちにありますね~。

20160511

コメント

  1. たぬき より:

    庚申の祓い(猿田彦大神 )と言う祝詞(祭文)が有りますが、
    冒頭で猿田彦大神を確か、、、「天御祖(あめのミオヤ)猿田彦大神」と称えています。
    国津神とされているので、ちょっと奇異に感じていましたが、猿田彦大神がいわゆる三大元尊神の一柱(聖天)だと言う事で納得しました。

    別件、金比羅さんの讃岐本宮の山を古来、「象頭山」と呼び習わしていますが、
    一般世人らが本物の象を知らない時代からの呼び名で考えてみれば不思議な事。

    象の頭。、、、象の頭の神=聖天尊ガネーシャ(大阪の生駒山聖天が有名)。
    元々祀られていたのは聖天ガネーシャ/猿田彦(大海神/舟魂神)だったのでは?
    本宮からの帰り道に山神社(大古よりのこの山の地主神だとか)がひっそりと有りますが、これこそが象頭山の神=聖天尊ガネーシャ/猿田彦大神ではなかろうか?

  2. ひかり より:

    「幸の神と竜」によると、ご祭神は大国主で、象頭山はガネーシャにちなんだ名称だそうです。