イルミナティ系スピリチュアル、白色同胞団の洗脳を知っていよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20160331

公園で咲いていた、アセビです。

アマゾンのサイトを見ている時に、白色同胞団(ホワイトブラザーフッド)のチャネリング本を見つけました。

すると、そのタイトルにびっくりしました・・・!

「もっと悟ってもっとアセンション-神社仏閣にいた神々はすでに立ち去りました ホワイトブラザーフッドが語った《日本の新しい霊的現実》のすべて-」

白色同胞団がイルミナティだということにまだちょっとは疑いを持っていましたが、これは本当みたいだぞ・・・。

※ 白色同胞団がイルミナティだという記事はこちらです。

闇の組織イルミナティ系スピリチュアルに注意!
白色同胞団がイルミナティなのかどうかが気になって調べてみたら、いろいろと情報が出て来ました。この記事は先頭に固定表示中です。

神社仏閣にいた神々はすでに立ち去って、日本近海の海の中にいるのだそうです。

そのことを、とってもきれいな言葉で書いてあります。

これは、洗脳ですね・・・。

神社仏閣にはもういないと言って、神社仏閣に行ってほしくないんですね・・・。

そうやって、神社仏閣とのつながりを切らせたいんですね・・・。

そうすると守護が弱くなるので、自由にしやすくなるでしょうね・・・。

それに神社仏閣にははじめから神仏はいませんから、書いていることが変です。

神仏はこの世の人間じゃないんだから、呼ばれたら来るだけですから。

思っただけで想念が通じ合うわけですから場所なんてどこだっていいのですが、神社仏閣は想念が通じやすいように、また良くない存在と波調が合いにくいように浄化の工夫がされた空間になっています。

だから良くない存在にとっては、神社仏閣にあまり近づいてほしくないでしょうね・・・。

神社では神とつながりやすいことは、こちらで皆さんが経験されています

皆さんのこうした神社エピソードを、これからはもっとこのブログでも紹介して行かないといけないなあと思いました。

それにこのブログの検索ワードで、「神社 涙」というようなフレーズがいつも検索上位になっていますから、神社で涙が流れて不思議な気持になる人がいつもどこかにいるということだろうと思います。

この本の一部を、掲載しているサイトもありまして、どんな内容なのか読んでみました。

すると・・・。

転載元 http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-ec3f.html

「たくさんの神社仏閣がありますが、そのほとんどは実際には何の役にも立っていません。それは過去の時代のものだからです。神社仏閣にいる神々、つまり古いマスターたちは、地球のアセンションのためにはもう役には立ちません。その多くはすでに立ち去っており、残っている存在たちの多くは、地球のアセンションのために何もするつもりもありません。彼らは供え物と崇拝を受け取るのに慣れ、(願い事という)人のエゴを利用して、物により人類を支配し続けることだけを考えています。

一方でそれに代わり、霊的レベルやエネルギーレベルで次元変容を遂げた、高次元の存在や太古の神々だった存在たちが、アセンションに向けて人類やあなた方の国の救済のために、再び地球にやって来ています。それが、今のあなた方の国の現実です。」

上の皆さんの体験からして、「たくさんの神社仏閣がありますが、そのほとんどは実際には何の役にも立っていません。」というのは全然違っています。

「それは過去の時代のもの」「立ち去っており」「やって来ています」という表現は、4次元以上にはありえない言葉です。

過去も未来も現在にあって、場所や距離など関係がないというのが、本当のはずです。

この世的で三次元の発想だということがわかります。

救済という言葉を使って、自分で歩けない自立できない、誰かに救済や支配をしてもらう必要のある子供のままでいさせようとしているように思います。

こんな言葉にだまされたりしないと思われたかもしれませんが、他の部分はかなりすごいのですよ。

これは、普通の人は簡単にだまされてしまうだろうなと思いました。

この記事を読んでから興味を持ってしっかり読んでも、「えっ、かなりいいじゃないの?」と思ってしまう人が多いんじゃないかと思います。

でも、陰謀論(イルミナティやフリーメーソン)には近づけたくないらしいというのが、よくわかりました。

だってそこを探られると、近くに自分たちの名前が出てくるからでしょうね。

ものすごく素晴らしそうなことがたくさん書かれていて、ふーんと納得してくると後半に本当に言いたいこと、神社仏閣に近づかない方がいいとか世の中のことや陰謀論に耳を傾けない方がいいとかが出てきて、ふわんと受け入れさせられてしまうというのが、大体のパターンなのかなと思いました。

甘く優しくきれいな言葉やイメージや雰囲気を信用してしまう人なら、コロッとだまされてしまうと思います。

4次元以上の世界がどんなだかよく知っていないと見抜くことは難しいと思いますから、最初から近づかない方がいいと思います。

※ 4次元以上の世界がどんなだかよく知ってだまされにくくなりたい人は、左のおすすめ本を読んでくださいね。

私はオカルトブームの世代です。

だから、マダム・ブラバッキーやクロウリーの名前はよく知っていましたが、内容は全然知りませんでした。

フリーメーソンの名称もよく知っていましたし、タロット占いで仕事もしていましたが、イルミナティのことは知りませんでした。

フリーメーソンとイルミナティは完全に同一ではなくて、イルミナティがフリーメーソンを取り込んだということのようですが。

ニューエイジタロットなんていうのも、コレクションの中にありました。

中でも「アクエリアス」は、すっごくいい曲でした~!

そりゃあロスチャイルドやロックフェラーがお金を出してるんだから、最高の曲を作らせたでしょう。

白色同胞団の記事を書き始めてから、頭の中でずっと流れています。

あの曲にも、洗脳のための音が混じっているんでしょうか。

悲しいです・・・涙。

ビートルズはイルミナティの洗脳実験グループで、曲の中には洗脳のための音やリズムが混じっていて、ジョン・レノンはそれを知っていて発言しようとしたので、イルミナティに殺されたと言っている人があちこちにいるみたいです。

ゲームにも洗脳が埋め込まれているようですから、子供達に注意してあげてくださいね。

詳しく知りたい人は、こちらをどうぞ。

こんな記事も見つけました。

イルミナティ、フリーメイソン、ニューエイジの関連性

転載元 http://www.millnm.net/qanda3/81nmNdtYBS6w47250.htm

「<ご質問>
感謝します。先生のお働きからいつも多くの事を学ばせて頂いております。
ホームページの記事を拝読するなかで、どうもすっきりと理解できない点がありますので、質問させていただきます。
それは、フリーメイソンとニューエイジムーブメントとイルミナティの相違と相互関係についてであります。私の現時点での理解を大雑把に記すと

フリーメイソン=政治、経済
ニューエイジムーブメント=映画、音楽
イルミナティ=?

特にイルミナティイが何者であるのかがよくわかりません。裏で世界を操作する闇勢力であるとは思うのですが。
またニューエイジムーブメントとフリーメイソンは別個の勢力なのでしょうか、それとも互いに混じりあった親戚のような関係なのでしょうか。

お忙しいところを恐縮ですが、御返答頂けますと幸いです。

<お答え>
メールありがとうございました。
フリーメイソンは、社会の友愛団体として古来から存在したものであるようなのですが、途中でイルミナティによる侵略を受けて、内部を乗っ取られたようです。

イルミナティとフリーメイソンへの内部侵入については下記を参照してください。

ニューエイジ運動は、その起源を調べると、聖書学者ウェストコットとホートの幽霊会というオカルト研究のための秘密結社にまでたどることができます。

そして、このウェストコットとホートと、イルミナティ(ロスチャイルド)によるシオニズム運動がバルフォアやセシル・ローズにおいて関係しており、クリスチャンシオニズムを広めたサイラス・I・スコフィールドは、イルミナティのバックアップのもとでスコフィールド・レファレンス・バイブルを作成した。

スコフィールド・レファレンス・バイブルの表紙には、フリーメイソンのマークがついています。

つまり、ニューエイジは、イルミナティ・フリーメイソンに由来する。

私は、イルミナティの起源は、スペインのグノーシス派の秘密結社アランブラドスであると考えています。

アランブラドスに、イエズス会の創始者イグナチウス・デ・ロヨラが加入していました。

アランブラドスは、英語になおすとilluminatiの意味になります。

つまり、イルミナティは、グノーシス派の運動であった。

グノーシス派の神とは、ルシファーであり、それゆえ、ロスチャイルドが建てた国連の神がなぜルシファーなのかが分かります。

国連の「ニューエイジ関連の出版部として存在するルシス・トラストは、もともとルシファー・トラスト社(1922年創設)という名前でした。この会社は、国連の祈祷部屋を管理しています。

以上から、

フリーメイソン(中核としてのイルミナティ)―ロスチャイルド――シオニズム――クリスチャンシオニズム――プレ・ミレ――ニューエイジ――国連

という関連性が見えてくると思います。」

ニューエイジの母体組織が神智学で、神智学の中に白色同胞団があります。

というより、白色同胞団が神智学を起こしたと言うのが正しいのかもしれません。

イルミナティ系スピリチュアルの記事は、純粋に魂の向上を目指して努力しているみんなのためにどうぞコピーやリンクで拡散してください!

今日の記事でもいいですが、たぶんこの記事が一番いいんじゃないかと思います。

闇の組織イルミナティ系スピリチュアルに注意!
白色同胞団がイルミナティなのかどうかが気になって調べてみたら、いろいろと情報が出て来ました。この記事は先頭に固定表示中です。

「」の中をコピーしてhtmlソースの好きな場所に貼り付けると、下のようにリンクつきで表示されます。

他の記事にしたい場合は、URLと記事タイトルを入れ替えてください。

「<a href=”http://school.murasakino.net/2016/03/31/post-2908/” target=”_blank”>イルミナティ系スピリチュアルに注意!</a>」

イルミナティ系スピリチュアルに注意!

拡散できない見るだけしかできないという人も、下のランキングバナーをクリックして下さると間接的に拡散になりますので、応援してくださいね。



最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
本日も下の画像の応援クリックをどうぞよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

精神世界ランキング


このブログは、皆様からの愛のクリックにささえられています。
このブログの存在に気づいて役立てていただけるように、ランキングに参加しています。
1日1回までのクリックを、どうぞ憶えていてくださいね!
(2回以上押していただいても構いませんが、カウントは1日に1回だけです)
現在のクリック率は、1.5%位です。涙・・・。


どこをクリックすればいいかわからないと言ってくださった方がいます!
上の画像をクリックして下さればカウントされてランキングサイトへ飛びます(号泣)
両方クリックしていただければ尚更感謝です・・・(ペコリ)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA