戦争で死んだアラブ人の霊が来た

20160318

公園で咲いていた、ハクモクレンです。

お彼岸ですねえ・・・。
それでだかどうだかわかりませんが、今日は霊の話になってしまいます。

昨日の夜、なかなか眠れなくておかしいなあと思っていたら、「新・映像の世紀」で戦争や殺戮が出てきたので、きっとアラブ系の人が来てるなあと思いました。

それで、半分寝ながらなので、ゆ~っくりと話しました。

「もう死んでるんですよ。

死んでるって言うより、生きてると思うでしょうけど、肉体は死んでるけど、人は死なないんです。

今、ここにいる生きてる人は私ひとりなんです。

だから今、私の話を聞いてる人はみんな死んでるんですよ。

つらい死に方をしたのは、もしかしたらカルマで、前世で同じようなことを自分が誰かにしたのかもしれない。

そうじゃなくて、何かを学びたくてこういう経験をしてみたかったのかもしれない。」

「あなたがブッシュ大統領に批判的なのがうれしかった」

彼が言ったのは、このひと言でした。

静かな人だなあ。

軍人だっただろうに、今は大人しくなってるだけなのか・・・、それともアラブ系の人たちは内向的な人が多いのかな・・・、黒人みたいに・・・などと考え巡らしました。

もしそうなら、外向的な人が多いのは白人だけということになるのかなあと、起きてから思いました。

「腹が立つだろうけど、敵も味方も、腹を立ててるうちはみんな未熟なだけだから。

誰でもいずれ立派な人になって、今のことは未熟だった時のことになるよ。

人は自分で自分を裁くから、人のことは放っておいて、もう幸せになった方がいいよ。

私はこうしてまだこの世にいるから、こんな暗い世界にまだ居続けないといけないけど、あなたはもう暗いところにいなくてもいいんだよ。

もう肉体がなくなって自由なんだから、思い通りの世界に行って、すぐに幸せになれるよ。

腹を立ててると、その間ずっと自分が苦しいだけだよ。

どうせいつか「あの時は未熟でした」で終わるんだから、自分の幸せをつかんだ方がいいよ。」

こうやって話して、そのうち気づいたら、彼のことを忘れて他のことを考えていました。

その他のことを考えているうちに、いつものように眠ってしまいました。

きっと、彼のことを忘れた時点で、行ったのだろうと思います。

戦争の映像を見ると、決まって眠れなくなりますから、これからは気をつけようと思います。

アラブ系の人たちは内向的な人が多いのかな・・・、これが気になることになりました。