「 2016年03月 」一覧

お越しくださいまして、ありがとうございます!
お手数をおかけしますが、本日もクリックにご協力をどうぞよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

精神世界ランキング
いつもありがとう!!


闇の組織イルミナティ系スピリチュアルに注意!

闇の組織イルミナティ系スピリチュアルに注意!

白色同胞団がイルミナティなのかどうかが気になって調べてみたら、いろいろと情報が出て来ました。この記事は先頭に固定表示中です。

記事を読む

母親の支配に苦しんでいる人

母親の支配に苦しんでいる人

日本の常識の中には親離れの道筋を教えてくれるものがないのです。だから常識に従っていると、親離れはできません。

記事を読む

縛られたり支配されたり虐待的なことを言われたりされたりするのを、愛だと思っている

縛られたり支配されたり虐待的なことを言われたりされたりするのを、愛だと思っている

縛る母親に苦しんでいる人たちがいます。子供のころから母親にののしられ続け、おまえのせいでこんなことになると言われ続けています。

記事を読む

「クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート」 アセンションで起こること

「クラリオン星人から日本人へ 緊急ハートサポート」 アセンションで起こること

自らの手で招いてしまった運命である言語道断の苦しみを避けるためには、内面の抜本的改革を徹底して行うだけでいいのです。

記事を読む

戦争で死んだアラブ人の霊との会話

戦争で死んだアラブ人の霊との会話

死んでないと思ってしまったら、せっかくのパラダイスにいるのにこの世にいる時みたいになってしまうんです。

記事を読む

戦争で死んだアラブ人の霊が来た

戦争で死んだアラブ人の霊が来た

なかなか眠れなくておかしいなあと思っていたら、「新・映像の世紀」で戦争や殺戮が出てきたので、きっとアラブ系の人が来てるなあと思いました。

記事を読む

黄緑以下のオーラの人でも、その時急に進歩する

黄緑以下のオーラの人でも、その時急に進歩する

黄緑以下のオーラの人でも、その時急に進歩する可能性があると思います。だから誰でも心の進歩と浄化を、できるだけ進めておくといいと思います。

記事を読む

「クラリオン星人はすべてを知っていた-創造起源へのタイムトラベル-」

「クラリオン星人はすべてを知っていた-創造起源へのタイムトラベル-」

潜在意識がなくなるか激減して顕在意識になり、宇宙人たちのような能力が戻るようです。

記事を読む

「クラリオン星人にさらわれた私」

「クラリオン星人にさらわれた私」

アダムの肋骨から作られたイブの話は、遺伝子操作プロセスについての寓話である。

記事を読む

「地球「超」アンダーワールド「内部次元」への侵入」クラリオン星人の話

「地球「超」アンダーワールド「内部次元」への侵入」クラリオン星人の話

「愛する」ということは、何よりもまず、生命体の自由を決して抑圧しない、ということなんだよ。

記事を読む

「クラリオン星人コンタクティが体験したアセンション「量子転換」のすべて」

「クラリオン星人コンタクティが体験したアセンション「量子転換」のすべて」

甘えから脱却して、自分の人生を自分の意志で選択して行くのが自立ですし、その波動にならなければアセンションはできないと思います。

記事を読む

アセンションの準備は、内面の問題を解決する

アセンションの準備は、内面の問題を解決する

完璧でなくても構いませんが、あらゆる執着をできるだけなくして生活していくのがアセンションの準備になると思います。

記事を読む

自分がして欲しいことを、自分にも人にもしてあげる

自分がして欲しいことを、自分にも人にもしてあげる

人に愛してもらって温まろうとするけれど、本当は自分で愛するのが一番温まります。

記事を読む

世界が自分なら孤独はない

世界が自分なら孤独はない

そもそも、自分と人を分離していることが、孤独の原因です。

記事を読む

自分の本当の気持に従って、ハイアーセルフに近づく

自分の本当の気持に従って、ハイアーセルフに近づく

ハイアーセルフは家族、親族、民族、種族などの集合無意識とつながっていますから、ハイアーセルフに従っていると自分にも周囲の人にも良い選択になっています。

記事を読む

ザ・ナイン、ホワイト・ブラザーフッド、白色同胞団に注意!

ザ・ナイン、ホワイト・ブラザーフッド、白色同胞団に注意!

イルミナティ系(?)陰謀元が、ニューエイジ(スピリチュアル)を、人心操作の戦略として使っています。

記事を読む

本当はずっとそうだと知っていた

本当はずっとそうだと知っていた

誰でも自覚できていなくても、「自分は世界だ」と言われても全然信じられなくても、自分は世界だと知っているのです。

記事を読む