本当の自分について行く

20160225-3

鎌倉市腰越の小動(こゆるぎ)神社で咲いていた、河津桜です。

波動が上がって来ると、うそはどんなうそもつけなくなります。

そのことに強く抵抗すると、主に精神系の病気や、精神が原因での体の病気(特に胃)が発症します。

自分の本当の気持に従わないのは、うそをついていることだと前回の記事で書きました。

前回の記事はこちらです。

人にも自分にも、うそはつけなくなる
人にも自分にもうそはつけなくなりますが、そのことに抵抗すると、心が壊れます。

世の中、常識、人の価値観で生きることも、うそをついていることによくなります。

世の中、常識、人の価値観は、本音よりも建て前や都合を重視して、うそを奨励していることが多いからです。

その本音すら、このように思いましょうと言って、本心とは違うことを無理矢理思うように奨励されます。

世の中や常識や学校では、うそをつくように教育されています。

うそはつかないようにしましょうと言いながら、自分の本当の気持に従うと叱られますから、実際にはうそを奨励されていることになります。

自分にも人にもうそをつかないで正直にしていながら、みんながうまく行く方法を教えるのが本当の教育だと思いますが、そんなことは思いもよらなさそうです。

そんなきめ細かくてめんどくさいことはしたくないので、誰もが自分にうそをついて型にはまっていればそれでうまく行くのだと教えています。

それではうまくいっていないから、うつ病や不登校が増えているのだと思います。

自分や人をコントロールしようとするのも、うそです。

自分の本当の姿を見ないで、都合の良い姿にコントロールしようとする怠惰です。

本当は違うのだから、苦しくなるのが当り前です。

本当の自分の後を、ひたすらついて行くようにしましょう。

本当の自分について行く決心をしたら、かなり短期間にオーラの色が変化すると思います。

※ オーラや波動の色については、「霊界の構造とオーラ」カテゴリーをお読みください。

何かを決める時にはいつも、自分の本当の気持を確認しましょう。

はじめのうちは1回ではわかりにくいですから、何度も何度も確認しましょう。

自分に誠実であることを追求して生きましょう。

それが、さらなる進歩への道を開いてくれますし、それができるまでずっとうそで苦しいところにとどまることになります。

※ 自分の本当の気持を探る方法は、こちらをお読みください。

心を澄ませてかすかに感じる、自分の本当の気持
自分の本当の気持を感じ取って受け入れて実現して行くにはどうしたらいいかと言うと、まずは自分の本当の気持を感じることが最初です。
愛することができる人になるための1歩―自分の本当の気持に注目する
愛することができるようになった私は、何も恐いものがなくなって自由に生きました。 自分は自分も人も愛するのだから、誰にも何にも傷つけられる心配はありません。
自分の本当の気持に従うと、毎日一年中、爽快で満足
ずっと、自分の本当の気持を探って感じて自分で考えて行動することが、自分を尊重することや愛することになって、人を尊重して愛することもできるようになると書いてきました。 実際にやってみられたら、どうでしたか?
どれが本当の気持かわからない
みなさんの悩みを読ませていただいていると、こんな感じで迷われることが多いように思います。 「〇〇〇〇〇したい。でも〇〇〇〇〇だし、〇〇〇〇〇だからできない。」
感覚と直観で、自分の本当の気持を探る
自分の本当の気持を探る時には、感覚と直観を使いましょう。 先入観のない真っ白な気持で、自分の心の中に何があるのかを静かに観察しましょう。