本当の気持を聞いてあげる

20160109

少し前にSMAPの話題で記事を書きましたが、誰かが自分の前で悩んでいたり迷っていたりしたら、どうしますか?

※ 少し前の記事、「SMAPの話題」です。

もし相談されたら、自分ならどうするかどうしたらいいと思うかを話すかもしれません。

スピリチュアルカウンセリング霊能を使わないカウンセリングなども、それが目的で相談されるのだと思いますし、時間や文字数が限られているので「どうしたらいいか」を主体にお返事しています。

でも私は本心では、それが一番いいとは思っていません。

もっといいのは、相手が自分の本当の気持に従って生きることを願ってあげることだと思っています。

周りにいる人間として、自分の都合を置いて、相手にとって何がいいかだけを考えてあげることができるでしょうか。

それが愛だろうと思います。

今まで通りに私を愛してというのは、愛してくれるからうれしかっただけで自分は愛していなかったという意味だと思います。

本当の気持を聞いて、実現できるように協力してあげるのが、愛情だと思います。

私は、ご相談メニューの中ではスピリチュアルレッスンスピリチュアル問答の中で、そうさせていただけるようになったのでうれしく思っています。

悩んでいる人は、自分の本当の気持がどうなのかがわかっていないことが多いので、本当はどうしたいのか、どうなるといいと思っているのか、何を求めるているのか、何が不安なのかなどを質問して一緒に考えてあげるといいと思います。

自分の本当の気持がわかるようなら、現実的な都合や執着に流されて選択を誤らないように、自分の本当の気持に従うようにすすめてあげるといいと思います。

その際、その選択が周りにいる自分にとってつらいものになる場合があると思いますが、自分に都合が良くて相手が不幸せであるよりも、相手の幸せな姿を見る方が自分にとっても満足ではないでしょうか。

誰かが自分の本当の気持に従って行動した場合、普通は周りの人にとっても最善の選択になっているはずです。

もしもそれが受け入れられないなら、自分の中に何か未解決の心の問題が残っているのでしょうから、先に自分自身の心の中を見つめる必要があるだろうと思います。