怖いものがなくなって自由になる

20151012

傷つくのは、愛するよりも愛されたいから。

愛されたいのは、まだ自分で自分をしっかりと愛せていないから人の愛を必要としているのです。

自分をしっかりと愛せていないのは、人に言われた通りに生きていて自分をしっかりと見つめていないから。

でも子供ならそれが当り前のことですね。

10~20代ではまだ心が子供なので、恋愛の中で愛されたいとばかり一生懸命に考えてしまいがちです。

それで傷つきやすくて苦しいんです。

でもそれは仕方のないことなので、愛を磨いて大人になって行きましょう。

愛されることと愛すること、どっちが好きですか?

愛することの方が好きな人は、愛することができるようになった大人だと思います。

愛されたいという気持よりも愛したい気持の方が強くなると、今までの恐がりが姿を消して気分爽快になります。

愛した方が負けで愛される方が勝ちというような考えは、愛されたがりの人同志だけの考えで、心が大人になったら終わります。

大恋愛にならないのは、愛することができなくて愛されたがりで恐がりだからです。

愛することができる人は怖いものが少ないので、何をやってもストレートでドラマチックで感動的なことばかりになります。

特に恋愛は制御できないエネルギーだから、怖がらなければ大恋愛になってしまうのが普通だと思います。

大人になることと、自分をしっかりと愛することと、人を愛することができるようになることと、大恋愛は同時に起こります。

はじめに戻りますが、傷つくのは愛するよりも愛されたいからでした。

愛されたいのは、まだ自分で自分をしっかりと愛せていないから人の愛を必要としているのでした。

自分をしっかりと愛せていないのは、人に言われた通りに生きていて自分をしっかりと見つめていないからでした。

それではどうしたらいいのかと言うと、自分をしっかりと見つめて(自分で感じて)、人に言われた通りではなく自分で考えて生きることができるようになるといいわけです。

いつも自分を見つめて自分の心をよく感じて自分の本当の気持に従って生きるようにしていると、自然に自分をしっかりと愛することになります。

自分をしっかりと愛していたら、人からの愛を必死で求める必要がなくなります。

もちろん恋愛のエネルギーの強さに困るのは誰でも同じですが、傷つくことが恐いという気持はないかほとんどなくなります。

愛することができるようになるということは、怖いものがなくなって自由になるということです。

20151012-2

ナッツがよそのお宅の敷地に入ろうとしたので「そこはよそのおうち」と声に出して言ったら、すぐに立ち去りました。

「言った方が良かったの?」

「そうなんだ。 言った方がいいんだ。」

私の想念は弱くてわかりにくいみたいで、こうして欲しいなと思っていても伝わりにくくて、声に出して言うとすぐにその通りにしてくれることがよくあります。

だからもういつでも声に出して話すようになりました。

「うん、うん」と言っていると変ですが、「それがいいと思ったんだね」とか「こっちに行きたいんだね」という言い方だと、すれ違う人達にもびっくりされていないように思います。