傷つくのは、愛されたいから

20151003

公園で、カリンがなっていました。

私はスピリチュアルカウンセリングをさせていただいていますから、恋愛相談をよく受けます。

そうすると恋愛上のトラブルなどで、不安でどうしたらいいかわからないという内容が多いわけです。

相手は自分をどう思っていますか?

どうしたら仲良くなれますか?

これからどうなりますか?

恋愛で不安なのは、自分の感情が大きく揺さぶられて強く惹きつけられていくのが恐いというのがあります。

でもこれは、その相手が自分にとって必要だよ!ということを潜在意識が教えていることなので、恐れる必要はないと思います。

自分には相手が必要なんだな、相手の何が自分にとって必要なんだろうと考えて相手から必要なものを学ぶように考えるといいと思います。

もちろんご縁も感じているでしょうから、どういうご縁かなとも思っているといいと思います。

前世から仲良しの場合もありますし、カルマがあってカルマを解消するために惹かれている場合もあります。

恋愛で苦しいのは、愛されないのではないかという恐れではないかと思います。

自分はどうしようもなく惹かれている、でも相手に嫌われたらどうしよう。

受け入れてもらえなかったら傷つくから恐い。

受け入れてもらえなかったら傷つくのは、愛されたいという気持が愛する気持を上回っているからです。

それで、自分の気持を少しずつ出したり引っ込めたりしながら、自分の心が傷つかないように相手の様子をうかがいます。

でも愛することができる人なら、恐くありません。

愛することができる人も自分の気持を少しずつ出したり引っ込めたりしながら相手の様子をうかがいますが、それは自分が傷つかないようにではなくて相手を大切にするからです。

自分は相手を受け入れていて愛しているのだから、相手が自分を受け入れようが受け入れまいが、どちらでも気持は変りません。

受け入れられなかったら残念に思いますが、傷つくことはありません。

傷つくのは、愛するよりも愛されたいから。

愛されたいのは、まだ自分で自分をしっかりと愛せていないから人の愛を必要としているのです。