孤独で苦しいのは

20150929-3

公園で、キンモクセイが咲いていました。

スピリチュアルに関心を持ちはじめた人がよく孤独で寂しいと言いますが、それはまだ意識が低いからです。

今まで人や社会に依存していた人が、その依存から抜けた直後には孤独になりますが、自分の意識が上がるにつれて人との関係で孤独感が左右されることはなくなります。

孤独で苦しむのは、自分と他者が、感覚的に分離しているからです。

自分と他者が別々だという感覚が強いから、孤独になります。

霊的に進むと、自分は神で他者も自分だと感じるようになるので、孤独感はなくなります。

孤独は意識の未熟が原因です。

意識が進んだからだと思っている人が多いかもしれませんが、それはもう少し先まで行くと覆されます。

だから、自分は優れているからみんなに理解されなくて孤独だと思っていると、後で恥ずかしくなりますよ~。

孤独で苦しいのは低い意識から成長したからですが、さらに成長すれば今度は以前よりももっとしっかりと他者との一体感が感じられて、幼かった時のような依存もなくなり苦痛はきれいに消え去ります。

そこまでたどりつくまでの辛抱ですから、将来の平和と安らぎを夢見て、今現在すべきことをしてどんどん進みましょう。