自給自足が感覚的に自然

20150809

公園で咲いていた、ミソハギです。

自立のためにみんなが悩む、お仕事についてオーラの発達順に書いてみたいと思います。

ピンクのオーラでは、自分は扶養されている状態が多いのですが、仕事をする場合はアルバイトやパート的なあまり責任のない仕事、誰でもできて専門的でない仕事になると思います。

※ オーラの色については、霊界の構造カテゴリーをお読みください。

赤いオーラでは、それぞれ自分の専門分野を追求していますから、仕事についても専門的になってきます。

ここでどれだけ技術を習得することができるかで一生が左右されますから、情熱のおもむくままに専門分野を追求しましょう。

場合によっては起業したり、自営業になったりします。

オレンジのオーラになると、女性は一旦家庭に入ることが多いと思います。

男性は家庭の為に仕事で支えることになるか、専門分野の改革を追求することもあります。

黄色のオーラでは、起業や自営業の場合は、さらに経済的な発展を目指します。

企業の社員になった場合は、その立場で社会的な成功を目指します。

経済的には、黄色のオーラが最も繁栄します。

グリーンのオーラでは心重視になってくるので、黄色の波動の働き方に疑問を感じる人が出てきます。

経済性追求、長時間労働など様々なことに自分の本当の気持が合わなくなると、会社をやめる人が出てきます。

いわゆる脱サラですね。

物質的な豊かさと安定、常識、体裁などよりも心を選んで、今までの生活を終わりにします。

それと共に離婚する人も出てきます。

それからどうするかと言うと、赤色やオレンジ色の波動をよく学んでいなかった人は、資格を取ったりセミナーに通ったりして学び直すことになります。

自分の専門がすでにはっきりしている場合はその分野で独立自営に向かったりしますが、企業の追従にならないように気をつけると思いますし、自営では企業のようには難しいと思います。

オーラがグリーンでなくても、この場所にいる人が多くなったなあと思います。

というのも、正社員としての雇用が減ったり、仕事に満足できなくて退職する人が増えているからだと思います。

仕事に満足できないのが社会構造のせいなら、居心地のいい会社を探して点々とするよりは自分の専門を身につけて独立自営を目指した方がいいのではないかと思います。

半分は会社で、半分は独立という方法もあります。

スピリチュアルなことでは、それが現実的かもしれません。

私はずっと自給自足に興味があります。

それだけでは生活に足りないと思うので、半分自営・半分自給自足が何とか実現できないかなあと考えています。

いずれにせよ、黄色のオーラが経済的には最盛ですから、お金よりも心を取った時点でつつましい生活になることが多いと思います。

水色のオーラは文化とコミュニケーションの波動で、お金のことは増々考えなくなって、どちらかと言うと寄付や活動費でお金が出て行くばかりかもしれません。

黄色の波動は物質的で経済的に豊かですが、水色の波動は精神的ですから物質的に恵まれにくくなります。

でも、ジャンルによっては黄色のオーラで培った経済感覚を発揮して、収入もうまく確保できる場合があると思います。

青いオーラになると悟っていますから、さらにお金への執着がなくなって、ついお金のことを忘れて仕事を最低限にしてしまったり反対に仕事にまみれたりします。

グリーンのオーラ以降はどんどん経済的に低くなるのが一般的なので、進めば進むほど自給自足が感覚的に自然に思えるのではないかと思います。

これから私が生きているうちにはどの程度かなと思いますが、だんだんと心重視、自然重視の人が増えると、自給自足の個人やグループも増えて行くと思います。

最近見つけた、こんなのもいいなあと思いました。

うちの近くの「相原農場」さんです。
http://www.rangers.bz/~aihara-farm/kensyusei.html