子離れできずに怪獣や魔女になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20150422-9jpg

公園で咲いていた、ツツジです。

子供の親離れを拒む良くない親は、物語の中で怪獣や魔女として退治されます。

子供の親離れを拒む良くない親というのは、子離れできない親のことですね。

怪獣退治のヒーローもので、世界の平和を守るヒーローもので、お姫様をいじめる悪い魔女として、ヤマタノオロチとして、世界中に存在するたくさんのお話の中で悪者になっているのですから、ガーンとショックな人もいると思います。

子離れできない親はどうしたらいいのでしょう。

子離れの為には先に親離れですから、やはり親離れを考えていればいいと思います。

親離れができた人は、子離れもできます。

大体の場合、悪い親は最初から魔女とか怪獣とか世界の悪として登場しますが、中には良い母親が悪い母親に変化するお話もあります。

モーツァルトのオペラ「魔笛」を観に行ったら、そういうストーリーだったので感心しました。

脚本を書いたのはモーツァルトではなくて、フリーメーソンの通過儀礼を題材にしたものです。

エジプトの王子タミーノは、夜の女王から、悪人のザラストロに捕らえられている夜の女王の娘・パミーナを救い出してくれたら、パミーナと結婚させて良いと言われました。

タミーノとパミーノは出会って恋に落ち、ザラストロは偉大な司祭で、邪悪な夜の女王からパミーナを保護しているのだと言われました。

タミーノとパミーナは試練に打ち克って、ザラストロに祝福されて結婚しました。

善と悪が、途中で逆転しています。

こういうことは親離れだけに限らず、ものごとが進歩する時によく起ります。

自分よりも低い波動に対してはもちろんですが、自分よりも高い波動も悪く見えることがあります。

それが成長してみたら今現在が悪になって、悪に見えていたひとつ高いところが善に変化します。

自分よりも低い波動は本当に低いから暗く見えて、自分よりも高い波動は理解できないから暗く見えます。

それで波動が低いように思えて、悪だと判断してしまいます。

自分の嫌な感じが、良いものを理解できなくて暗く悪く感じているのではないかということを、新しいものに出会った時には考えてみるようにしましょう。

夜の女王からザラストロへの価値の移動は母権制から父権制への移行のテーマで、これが文化の発達を促進しましたが、自然との断絶が起って現在は逆転に向かっています。

それがスピリチュアルなエネルギーの強まりともなっています。



最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!
本日も下の画像の応援クリックをどうぞよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

精神世界ランキング


このブログは、皆様からの愛のクリックにささえられています。
このブログの存在に気づいて役立てていただけるように、ランキングに参加しています。
1日1回までのクリックを、どうぞ憶えていてくださいね!
(2回以上押していただいても構いませんが、カウントは1日に1回だけです)
現在のクリック率は、1.5%位です。涙・・・。


どこをクリックすればいいかわからないと言ってくださった方がいます!
上の画像をクリックして下さればカウントされてランキングサイトへ飛びます(号泣)
両方クリックしていただければ尚更感謝です・・・(ペコリ)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. トマト より:

    こんにちは
    いつも読ませていただいています。

    読んで少しずつ気持ちの整理が出来てきました。ありがとうございます。

    自分の子育ての中で、親離れについて考えるようになりました。

    以前の私は子供に辛い出来事があったとき、なぜかどうやって味方になればいいのかわからず、突き放すような態度を取っていました。それをしっかりしなさい。と躾をしている気でいたんです。

    でも、子供に限界がきたことをきっかけに、私と私の母親について考えることになりました。

    私の母はいろいろな要因から、祖母との間で親離れ出来ていなかったのだと思います。
    母は困ると『お母さーん』と泣いてしまう子供のように(現に母は母(私からは祖母)が恋しいといつも言っていました)、自分の娘である私たち(妹がいました。今年亡くなりました。)の気持ちから逃げ続けていたのだと思います。

    子供の気持ちを尊重する。ということが私自身わかるようになり、だいぶ楽になりました。

    母とはうまく付き合えないため、距離を置いていますが、これは本当に良かったと思っています。

    『親離れ、子離れ』も振り返ってみて、よくわかるものなんですね。

    • 紫野 より:

      いつもお読みいただきまして、ありがとうございます!

      親離れができないと、子供を育てる時に余裕がなくなりますし、それができても子離れがまた難しくなりますね。

      親が親離れ子離れしてくれていないと子供としては大変になりますが、意識できれば自力でこつこつとやれると思います。
      親離れ子離れできた分だけ、自分も子供も楽になると思います。

      振り返ってみるとわかるのですが、まっただ中にいる時には気づくことが難しいですね~。

  2. トマト より:

    お返事ありがとうございます。

    私は紫野さんのセッションに興味があり、ブログを読ませていただきながら、依頼しようかといつも考えていました。

    でも、私の依存してしまう気持ちに気が付いたので、もう少し自分で頑張って、時が来たらお願いしたいと考えていました。

    振り返ることが出来るようになり、自分を信じることも出来るようになったので、何かセッションをお願いしても大丈夫なのかな。と自分で感じています。

    そのときは宜しくお願いします。

    ありがとうございました。

    • 紫野 より:

      依存にならないであっさりと利用されるといいと思いますが、それがよくできないから各種メニューを受けられるのですから、難しいところではありますね。

      でもなるべく皆さんがご自分で歩むことが上手になるメニューをお選びいただくのを、私もおすすめしたいと思っています。

      そのためには、私が一方的にサービスさせていただくタイプではなくて、皆さんが主体になって進めて行くタイプのメニューが、実りが多いのではないかと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA