先祖供養が必要なのかどうか

20141121-12

昨日はお墓について書きましたが、先祖供養のことを書いてみようと思います。

先祖供養が必要なのかどうかが一番気になることなのではないかなあと思いますが、必要でない先祖がたくさんいます。
供養というのは、こちらからエネルギーを送ってあげる行為です。

霊国(れいごく)以上の霊は守護霊以上の波動なのですから、親切でエネルギーを送ってあげるのはいいですが、供養が必要ということはありません。

幽界(ゆうかい)の上層界の霊は極楽浄土とも言われるような環境で何不自由なく幸せに暮らしていますから、こちらもコミュニケーションは喜びますが供養は特には必要がありません。

幽界(ゆうかい)の下層界の霊はこの世の普通以下の波動で、悩んだり苦しんだりを続けていますから、エネルギーを送ってあげると助けになります。

霊界というところは周りが同じ波動の人ばかりで、良い見本や反面教師がいないので、反省や自己向上がしにくいところです。

そこへこの世から話しかけたり思ったり、供養という行為をしてあげることが刺激になって進歩しやすくなります。

自分が死んだことがわからなくて霊界へ行かずにこの世を徘徊している地縛霊も、供養をしてあげると自分が死んでいることに気づきます。

お葬式や法要や供養は、故人に対して死んでいることを知らせるチャンスでもあります。

お葬式や法要以外の時に、地縛霊になっている先祖に死んでいることに気づいてもらうには、供養の時に名前を呼ぶようにするとわかってもらいやすいと思います。

「○○○○年○○月○○日に亡くなった○○○○様」「亡くなった○○○○様」などと言うと、よりハッキリと自覚してくれると思います。
自覚してくれた途端に、肩がすっきり軽くなるかもしれません。

※ 霊国(れいごく)、守護霊、幽界(ゆうかい)の上層界、極楽浄土、幽界(ゆうかい)の下層界、地縛霊については、霊界の構造カテゴリをお読みください。

【私】先祖から守ってもらいたいと思う人が多いみたいですが、守ることのできる先祖は霊国以上の霊ですか?

【須佐之男命】それであろうの。
幽界の者が守ろうと思うても、なかなかうまくいかぬであろうの。
ほんの少しのことで終わりになろう。
それが仕方のないことである。

そうでしょうね。
幽界の霊に守って守ってと言うのは、霊を苦しめることになりますか?

それであろうの。
出来ぬのであるからの。
それは神にと申したいことであるの。

守護霊はどうなのですか?

それでも良いぞ。
信じていればの話であるがの。

神か守護霊のどちらか信じている方に頼むといのですね。

それで良いと申そう。

写真は、公園の木の葉の色づきの様子です。