幽界の上層(極楽浄土)にいる人

20141117-10

このブログを読んでくださっているのはスピリチュアルに関心のある人でしょうから、この世の普通以上の波動の人が多いのではないかと思います。

ですから、世の中一般の感じよりは幽界(この世が含まれる霊界)の下層(地獄波動)に波動が合う人が少なめで、幽界の上層(極楽浄土)に波動が合っている人も多いだろうと思います。

幽界の上層(極楽浄土)にいる人のオーラの色は低い順に、グリーン、水色です。

自分や自分の家族の為だけの人生ではなくなってきていて、自分も人も幸せになるにはどうしたらいいかと考えています。

グリーンは、みんなで幸せになろうと思っている人のオーラの色です。

人の役に立ちたいという気持も強くなって、自分が役に立てる方法を考えます。

黄色は社会的な常識の色でもありますが、常識よりも優しさを優先します。

黄色までは人として一人前に生きて行くことが目的でしたが、ここでは自分も人もという精神になってきています。

最低でもグリーンにならなければ幽界の下層(地獄)に波動が合ってしまって不成仏霊になるというのは、愛することができるようになってこそ人間として心も一人前ということなのかなあと思います。

愛して満足するようになった人は、愛されたいとは思わなくなります。

水色は、自分も人も認め合い自己表現しながら理解し合い尊敬し合う人のオーラの色です。

物質的な考えや常識的な考えからかなり自由になって天真爛漫で、あと少しで悟りというポジションです。

水色の人は、何でもオープンに人と分かち合おうとします。

ブログを長く続けているような人の中には、水色のオーラの人が一般の人よりも多いのではないかと思います。

人を理解して満足するので、人から理解されたいとは思わなくなります。

人でも子供でも動物でもすべての存在を尊敬しています。

ここまでになると、生命の危機を経験したり死んで死後の覚醒が起ったりすると一段階進んで悟ると思います。

逆に、悟りたいと執着しないのがコツかもしれません。

霊的精神的なことに関心のある人は感受性豊かで志の高い人が多いので、一般的な人よりもグリーン、水色のオーラの人が多いように思います。

子供なのに黄緑やグリーンや水色のオーラの人もいます。

前世までで、そこまでかもっと先まで成長していたのだと思います。

※ オーラの色は、デイリーヒーリングの中で毎日見させていただいています。
基本の色は毎日ではあまり変わらず、色がくすんだり濃くなったり薄くなったりという変化をします。

私が見ているのはその人の心の成熟度を表すオーラで、機械で判定できる色とは違っています。

写真は、公園で進んでいる紅葉の様子です。